らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

父ちゃんが大量のネーブルを持ってきてくれました。
父ちゃんの妹(私には叔母)の家の畑で収穫されたものです。
生口島の日当りのいい場所に畑があり、ここの柑橘はとてもおいしくて毎年楽しみなんですが、今年は特にネーブルが豊作だったようです。
いつもいただいたネーブルを浴びるほど食べる私、店で売られているネーブルがあんなに高額なことを最近まで知りませんでした。
それでもバレンシアオレンジと比べると安いようですが…流通の都合だと思われますが、私はオレンジよりはネーブルの方が好きですね。

早速、ケーキを焼きました!
20170123
ついに我が家にも、丸いケーキ型が導入されたのです。

カットしました。
20170123
ネーブルをもっと均一に並べたかったのですが、並べてる最中に落下したので断念しました。

丸いケーキ型は長年持っていず、いつも牛乳パックなどを使ってパウンドもどきを焼いていました。
しかしつい最近、同じ社宅の人が引っ越しをする際に、シリコン製の型をくれたのです。
ちなみに転勤で引っ越したのではなく、持家を購入したから、という理由でした…羨ましい。
そんな事情は置いといて、思いがけず丸い型をゲットしたので、私も牛乳パック卒業でしょうか。

と思ったんですが。
丸いケーキは冷蔵庫で場所を取るんですね。
いや知らなかったわけじゃないですが、自作したものが場所を取るのは誠に遺憾です。
この型をくれた人、そんなにでっかい冷蔵庫持ってたんでしょうか。
ケーキは丸い方がオーブンの中でまんべんなく火が通っていいなと思ったんですが、次からまた牛乳パックに戻ってしまいそうな予感がします。

まだ大量にネーブルはあるので、次にケーキを作る日が来るなら、その時に考えましょう。
でも、そのまま食べてもめっちゃおいしいネーブル、ケーキなんか焼く前に食べつくすかもしれないですね。
これは最近のハマりものです。
内職作業中によく食べています。
20170118
スーパーカップのアップルカスタード味です。

12月に「いちごショートケーキ味」が発売されたばかりですが、アップルカスタード味は今年に入ってから発売されたホヤホヤの新作です。
正直、いちごショートケーキ味は期待外れで、1回買っただけでした。
アップルカスタード味はすでに4回のリピートをしています。
1月9日に発売されたばかりなので、4回のリピートというのは食べすぎかもしれませんが、かなり気に入りました。
ハーゲンダッツにハマると高くつきますが(笑)、これだったら大丈夫です。

簡単にレビューすると。

結構あっさり味。
カスタードはそんなに濃くない。
シナモンはほんのりじゃなくしっかりしている。
りんごの果肉が入っていてさわやか。
ただりんごはもう少し入っていてほしい。

期待を裏切らない味でおいしいです。
シナモンが苦手な人だとあまり好みじゃないかもしれません。

アイスの新作や期間限定品って、真冬の寒い時期に結構出るんですよね。
寒い時期が旬の食材があるってのもありますが、私みたいに、寒い時期でも冷たいアイスをありがたがる人種が意外と多いんではないかと思うのです。
私は特に暑がりで猫舌で、真冬でもホットドリンクはあまり飲まないんですが、そうじゃない人であっても「冬にアイスを食べるのは好き」みたいな人が多そうだなと。
冬のアイスのメリットは、外気の高さがないから簡単には溶けない、ということでしょうね。
暖房が効いた部屋であっても、簡単には溶けず、最後までおいしく食べられます。
夏の暑い時期のアイスももちろんおいしいけど、すぐ溶けるという難点がありますから。

スーパーカップはお財布に優しくて、季節ごとにいろいろなフレーバーを販売してくれるので、アイス売り場から目が離せなくて年中注目しています。
今のところ、いちごショートケーキ味みたいな期待外れはたまにありますが、この味どうしても好きじゃない…というのはないから、とりあえず新作は気になりますね。
しいて言えば定番の「バニラ」はイマイチなんですが(汗)。
ま、まあ、安物のアイスなので、正統派のものよりは変わったものの方がいいのでしょうね。

冬は寒いけど、何かと乾燥しがちです。
気温とは関係なく、アイスが欲しくなるのは変ではない…と思うのです。
教材、渡してきました。

教材作成の自宅初仕事は3日、最初の打ち合わせは4日、カテキョ初仕事は5日。
教材を渡すという初仕事は10日…もう開き直るしかないフリーランスですね。
逆に「所属がいっぱいある」という意味では全然フリーじゃない気もします。
どこに雇われても、気持ちだけは解き放たれて自由でいたいと思います。
単に、フラフラしていたいだけだったりして(汗)。

今回は、食事の内容にびっくりしたのでした。
20170110
特に凝ったものではない、某高速SAのカレーですけど。

焼きカレー風に見えますが、違いました。
普通のカレーに、溶けるチーズと温泉卵が乗ってるだけで、焼いてません。
でも見た目も味も焼きカレーでした。
こんな方法があるのかと驚きました。

家でも焼きカレーって食べたいけど、そのひと手間が面倒なので、あまり作らないですよね。
カレーをご飯にかけてオーブンに入れるというひと手間が。
いやそこまで面倒な手順でもないけど、カレーをよそったらすぐに食べちゃいますから。
でも、これだったらオーブン要らないじゃないか。
焼き目はつかないけど、味は焼きカレーになります。

私、そこまで、焼きカレー命じゃないですけどね。
門司港に行って、浜省大好きマスターの店で食べた焼きカレーが、最近よく思い出されるのです。
年末に浜省ライブに行って以来、すごく思い出されるのです。
だからこの焼きカレーもどきはなんか嬉しかったのでした。

教材渡しに行って焼きカレーでここまで語る自分に驚いてみたり。
でも、おいしかったんですよ!
今日はダンボさんが大阪から帰省してきたので、福山駅まで迎えに行きました。
迎えに行くと言っても、私自身のドライブも兼ねているので、気負いは全くなし。
いつもより少しだけ交通量の多い絶景のしまなみ海道を、快調に飛ばして、福山に着きダンボさんをお迎えです。

新幹線はものすごい混みようだったそうで、ダンボさんはお疲れ気味でした。
この時期しか休めない人が多いから仕方ないとはいえ、きっと私ならギブアップでしょう。
もともと公共交通機関に不慣れな田舎者の私、バスや電車の時刻に合わせるのが苦手な上、満員になって座ることもままならないとか考えられんのです。
逆に、車で走るのはほとんど疲れないし、満員は苦手でも交通渋滞はそんなに苦手じゃないんですが…。
典型的な車社会の人間ですね。
事故をしないように気をつけないと。

ダンボさんとの再会を喜んだあとは、何はさておき、腹が減ってるので食事です。
いつものことですが。
今回は尾道の「四一餃子」に行ってみました。
20161230
餃子は5人前です。
我々はふたりです。

…何も問題なく平らげました(笑)。
プレーンとシソ風味、どちらもおいしかったです。

ダンボさんのリクエストで「ええじゃん尾道」に野菜を調達に出かけ、買い物が済んだらおやつのお時間です。
20161230
「尾道浪漫珈琲」のフレンチトーストは甘さ控えめ。

ダンボさんは、春に腕を骨折して以来、かなり食が細くなってしまっています。
私と同じくらいすごくよく食べる人だったので、変わりように驚きました。
5人前餃子は問題なくふたりで平らげたけど、その後はおやつは要らないと言ってコーヒーだけ飲んでました。
これは由々しき事態です。
腕は複数回の手術をして現在は病院でリハビリ中ですが、胃袋の復活のためのリハビリは私が引き受けなくては(笑)。

だってね、空腹は最大の調味料って言うじゃないですか。
おいしくたくさん食べられないって不幸じゃないですか。
元々、食が細かったり好き嫌いが多かったりする人はいますけど、いっぱい食べる人と比べたらあまり幸せそうに感じないですから。
お酒が飲めない私、人生を半分損してるってよく言われますし、仕方ないとは思うけど、飲めたらきっと楽しいんだろうなとは思いますから。

ダンボさんをご実家まで送り届けた後、厚かましくも夕食に招待していただきました。
いつもとても優しくしてくれる彼女のご両親には感謝だらけです。
今はお姉さんもドイツから帰省しているので、とても賑やかな食卓となり、楽しかったです。
うちはふたり家族で、旦那の仕事の都合上ひとりの食卓も多いので、人数が多いとそれだけで新鮮に感じます。

人数の多い食卓といえば。
明日は旦那の実家に帰省して年越しをするので、また人数の多い食卓を囲むことになるでしょう。
年末年始は、いろいろと特別な時期でもありますね。
2016年のブログ更新は、ひとまずこれが最後になります。
年が明けて帰宅してから更新しようと思います。

皆様、2016年もお世話になり、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
2017年もよろしくお願い申し上げます。

楽しい年にしたいですね。
皆様も、私も。
年末恒例、父ちゃんを居酒屋に連れて行く忘年会を実施しました。
父ちゃんと旦那と私の3人で、私は運転手です。
来年は我々が現在の家に住んでいない可能性が高く、そうなると私の実家も遠くなるため実施が微妙なので、今回は思い切って本州(そんな大げさなことじゃない)の居酒屋まで出かけました。

父ちゃんは単身赴任や海外出張が多かったので、私は小さい頃に父ちゃんと暮らした記憶があまりありません。
やっと出張の必要がなくなった頃に、今度は私が大学進学で家を出てそのまま外で職に就いたので、一緒に住んだ時期がほどんどないのです。
宮参りや運動会などの写真には父ちゃんは写っていず、父ちゃんのお兄さんである伯父さんがよく写っていて、そっちが父親じゃないのかとご近所さんからからかわれたことも多いです。

いろいろ事情があったとはいえ、私は若い頃に全然親孝行ができていないので、今はできるだけ恩返ししていこうという気持ちは非常にあるのですが…父ちゃんはとにかくマイワールドな自由人です。
母が亡くなった15年前にはかなり落ち込んでいましたが、その後独居に馴染むにつれ、マイワールドはパワーアップする一方です。
まあ、ボケたり元気をなくしたりするよりはマシなので、なるべくこれからも励ましていきたいものです。

そういう前置きはともかく、本州の居酒屋です!
20161228
「すだちや」さんのお刺身です。
因島の居酒屋には、こういう美しいお刺身はないのです。
あ、でも、すだちやって因島発祥ですよね。
なんで因島には店舗がないのでしょう…儲からんからでしょうね。

すだちやといえば、サツマイモのバニラアイス包みです!
20161228
これ大好きです。
飲んでないけど、飲み会のシメはスイーツです!
お茶漬けやラーメンはシメじゃなく最初に食う私には、きっと飲酒を楽しむ権利はないのでしょう。
飲めんし、仕方ないや。

今回も、父ちゃんは喜んでくれました。
いつもひとりで家飲みですから、どこでも外で飲めるのが嬉しいみたいで。
あと、旦那が相手をしてくれるのも嬉しいみたいで。
年内に父ちゃんに会うのはこれが最後です。
ひとりでの年明けは寂しいかもしれませんが、親孝行できたのはよかったと思います。

父ちゃんがよいお年を迎えますように。