らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

お台場に着きました。
早速、昼食をいただきます。
20170713
胡麻そばです。
東京はどこに行っても、そばがおいしいですね。

しかし!
この胡麻そば、そばつゆが酸っぱいんです。
胡麻そばってポン酢で食べるん…?
少しだけその違和感を味わいましたが、やはりおかしい。
ということで、お店の人に聞いてみました。
胡麻そばのつゆは酸っぱいのが普通なんでしょうか…と。

普通じゃなかったようです(汗)。
お店の人、間違ってポン酢を出してしまったようで、本当は一般的なそばつゆだそうです。
丁重なお詫びとともに交換していただきました。

ああ、焦った。
そして、よかった。
元来、人間って「酸っぱいもの」は受け付けないようにできてるそうですね。
原始の頃に「酸っぱい=腐っている」と認識していたから、だそうです。
今でこそ酸っぱい食べ物は普通に存在するものの、そうじゃない食べ物も腐ったらだいたい酸っぱくなる、それも事実。
腐ったものを誤って食べてしまったら、東京旅は台無しになります。
いろいろあったけど、このそばは総合的にはおいしかったのでいいことにします。

お台場は何回も来てるので、少しばかり歩いて、次の場所に移動します。
次の場所は、何かと話題の築地です。
20170713
といっても場外市場ですけど。

平日昼で暑いのに、ここもキムさんパクさんがいっぱい(笑)。
20170713
築地市場は移転とかどうとか言われてますが、築地場外市場は移転しないことが決まっています。
これからもにぎわい続けることでしょう。

そばで結構満腹になってますが、市場のお寿司をいただきました。
20170713
マグロ大好きな私はマグロづくし…めっちゃウマ~~。

なぜか横のおじさんが「お酒たくさん飲みたいからこれあげる」と言って、ハマグリをくださいました。
20170713
これもウマ~~。
てか、タダで貰っちゃっていいんですか?
江戸っ子は宵越しの金は持たないと言うけど、本当に気前がいいんですね。
西日本暮らしには考えられんわ。

築地市場の駅構内には、あちこちに貼ってあるポスター。
20170713
まだまだ先だと思っていたけど、間もなくなんですね、TOKYO2020は。

築地の次は、ぜひ一度行ってみたいと思っていた「中野ブロードウェイ」へ!
20170713
サブカルチャーの聖地と呼ばれているところです。

こんなのあるのか…。
20170713
噂通り、なかなかディープなサブカル空間でした。
サブカル要素など何もないと思われた旦那も、キン肉マンの消しゴム売場でテンション上がってました。

せっかくなのでメイドカフェに行きたかったんですが、旦那が拒否したので(笑)、普通のカフェでクールダウンです。
20170713
赤青メロンのパンケーキは、サブカル要素はなく、普通においしかったです。

次は夜です。
続きます。
東京2日目。

朝一から、こんなところに来ました。
20170712
浅草のホテルから徒歩10分ほどの場所にある隅田公園。

隅田川越しに見るスカイツリーとアサヒビール本社。
20170712
隅田川は思っていたほど汚くはなかったです。

そう、ここから水上バスに乗ることにしたのです。
20170712
浅草に4泊もするのだし、このくらいの体験はしておこうと思いまして。

乗り込んだのは漫画家・松本零士氏デザインの船「ホタルナ」です。
20170712
乗客の大半がキムさんやパクさんです…日本人、少な~。

松本零士氏が監修もしているのか、船内アナウンスは鉄郎とメーテルと車掌さんです。
20170712
「メーテル、東京の町はまるで999の駅があるメガロポリスのようだね」
などと、我々の世代なら震えてしまう野沢雅子さんの声が響き渡りますが、キムさんやパクさんにはお分かりにならないようで、みなさん好き勝手にでかい声でおしゃべり中です…もったいない。

海から見るレインボーブリッジもなかなか新鮮です。
20170712
「東京の夢の懸け橋と呼ばれる橋よ」メーテルの声も優しくて震えてしまいます。

浜離宮の桟橋に着きました。
20170712
「向こうに見えますのは東京タワーでございます」…車掌さんの声優さんは亡くなったんですよね。
別の意味で震えます。

晴海客船ターミナルは、三角屋根が印象的です。
20170712
東京みなと祭の会場になるところですね。

終点のお台場海浜公園に到着です。
20170712
すぐ後ろにあるのははちたまと呼ばれる、フジテレビ本社ビル。
これも海から見ることは珍しいです。

これがホタルナです!
20170712
宇宙船をイメージしたシルバー・メタリックの流線形ボディに、ガルウィングの扉…SF漫画の巨匠・松本零士氏らしい未来的なデザインが素敵ですね。

お台場に到着したのはお昼過ぎでした。
まだまだ1日は長いです。
続きます。
どうも、5日間のご無沙汰でした。
東京から帰ってきました。
帰ってきて早速、仕事の段取りやら歯医者の続きやら二重生活やらが忙しくてパニクっておりますが(汗)、一応日常モードにはなりました。
今日からしばし、旅日記にお付き合いください。
ツッコミどころがあればツッコんでやってください。

7月6日の昼に出発したんですが、福山駅でこれを偶然発見。
20170711
エヴァンゲリオン新幹線です。

2015年11月から新大阪~博多で運行されていて、1年くらいで終了する予定が、好評につきまだ走っています。
まだ走っているなら、ぜひ実際に乗ってみたいですね。
鉄道そのものをめったに利用しないので、機会がないんですよね。
機会は無理やり作るしかなさそうです。

エヴァンゲリオン新幹線は「こだま」のみですが、我々は「のぞみ」に乗車して、東京に到着。
JRとつくばエクスプレスを乗り継ぎ、今回の拠点も1年半前と同じ浅草4泊です。
20170711
浅草から見える、ライトアップされたスカイツリーです。

なぜ浅草にしたのかというと、他の手軽なところが空いてなかったってのが大きいんですが。
浅草のホテルは観光地の割に、コスパがいいんですね。
部屋が広くて安くて設備も上等(風呂の浴槽が大きいとかベッドが大きいとか)です。
というのは、元ラブホテルが、観光客増加でビジネスホテルになった、みたいな建物がやたら多くてですね。
今回泊まったホテルもそうで、やたら豪華なツインルームでした。
ただ、外観と内装がいかにも、なので、ご家族連れで宿泊するのは少し気まずいかも。

着いて早々、浅草寺に行ってみました。
20170711
なんと雷門は改装工事中です。
でも、ある意味レアなものが見れましたね。

雷門と同じく、五重塔も夜バージョンになり光っています。
20170711
雲が多いのがなんとなくかっこいいと思うのです。

夜なので、さすがに本堂は閉まっています。
20170711
お参りは滞在中の別の日にすることにして。
この日は見るだけです。

前回行けなかった「まるごとにっぽん」にも行ってみました。
20170711
日本全国の名産品や食文化の紹介、販売などをしている施設です。

旅人として来てはいますが、やっぱり広島県が気になり、広島県ブースに行ってみたら。
なんと話題の呉市キャラ「呉氏」PVが流れていてびっくりです。
呉氏の誕生日は「いつぞやの海の日」らしいので、もうすぐですね。
そういう私、今年の海の日がいつだかわからず、ダンボさんから指摘を受けたバカヤロウです(笑)。

夕食は、たぬきの人形がかわいいこちらの「居酒屋たぬき」にて。
20170711
焼き物メニューがおいしいお店でした。
旦那は日本酒の多さが気に入ったようでした。

店の中のテレビでは、カープと巨人が戦っており、メシどころではなかったんですが。
ラッキーセブンで1点を取り、勝ち越したところで安心して店を出たら、そのまま勝ってました。
東京の店だということを忘れて?丸さんの16号ホームランに拍手しちゃいましたが、周辺のお客さんから特にクレームは出なかったのでよかったかなと。

続きます。
昨夜はたかえちゃんのお誘いで、お笑いライブを観に行ってました。
それで帰宅が午前様になっちゃいました。
観に行ったのは「ワハハ本舗ラスト3広島公演」でした。

たかえちゃんがお姉さんと一緒に行く予定だったのですが、お姉さんが都合で行けなくなり、代わりに誘っていただいたのです。
しかし、ワハハ本舗、ですか。
名前は知ってますが、私、詳しいわけじゃありません。
久本雅美さんと柴田理恵さんと、ピーナッツ飛ばしの梅ちゃん、そのくらいしか知りません。
でもたかえちゃんから「それだけ知ってれば十分」と言われて、行くことにしました。

会場は広島市のHBGホールです。
会場入りの前に、串揚げでランチです。
20170702

その後、パンケーキのデザートです。
20170702
ちょっと重いかなと思われましたが、公演時間が長いとのことで、多めに食べて行きました。

公演は当然、撮影禁止なので、撮れるところだけ撮りました。
20170702
これはポスターです。
翌日は山口でやるのですね。

チラシと一緒に、桜の枝が配られました。
20170702
桜の枝は演出で使うので持っといてください、とのこと。
そして公演後は回収されました…8月いっぱいまで使いまわすそうです(笑)。

会場入口付近では、ワハハ本舗所属の若手芸人さん達が、前座的な催しをやっています。
20170702
直後の本番でも、楽しいステージを見せてくれました。

公演、めっちゃ面白かったです!
バラエティ番組でMCしたりゲストで出たりする久本さんや柴田さんはよくテレビで観るけど、ソロでコントをする場面はテレビではほとんど観られないので、その完成度の高さに驚きました。
テレビでコントをしない理由のひとつが、下ネタが多すぎることだと聞いてましたが、他の出演者のものも含め確かにすごく多かったです。
ただ、気まずく下品な下ネタではなく、突き抜けて爆笑できる爽やかなものばかりで、ずっと大笑いしてお腹が痛くなる公演でした。
誘ってくれたたかえちゃんに感謝です。

これは柴田さんのコント「日本武尊」で登場したものです。
20170702
公演後、出口に飾ってありました。

お笑いのライブに行ったのは初めてでしたが、笑うことに集中できる点が本当に楽しかったです。
そして、コントや小芝居や漫才などが中心なので、アーティストのライブと違い、盛り上がりまくってもずっと座って観覧できるのです。
これはオバチャンにはありがたかったですね(笑)。
ライブ行ってテンション上がって疲れる、というのがないってのは。
テンションは上がりますけど、全然疲れないのです…新たな発見でした。

この日はカープが快勝したのですが、久本さんがトークの中でちゃんとそのことに触れてくれたのが嬉しく、広島での来場者への配慮を感じました。
そしてライブ会場にも赤いユニフォーム姿の方々が多くおられました。
試合後にそのまま来場したものと思われます…羨ましい方々です。
言い訳しながら、続きです。
てかすでに言い訳どころじゃなくなってきております(汗)。
いや、お見舞いはちゃんと、2日間とも行ってきた、それは事実なんですが。
全然説得力のない本日の記事をお許しください。

前日にお見舞いと、おまけ(ウソつけ)の食い倒れに行ったのは記述の通り。
翌朝はホテルに付いていたバイキングの朝食を食べ、午後からの面会時間までどうするか決めてなかったのですが、ねくらさんから連絡がありました。
午前中、何も予定がないようなら、一緒にモーニングかランチでもどう?とのこと。
それはぜひ行きましょう。
モーニングは食べちゃったけど、お茶くらいご一緒しましょう。

お茶くらいのつもりが~!
20170627
がっつりと、パンケーキモーニングを食べてしまったのでした。
いや、メニューを見てたら食べたくなっちゃうし、出てくれば食べちゃいますよね。

ねくらさんとは、夕食もご一緒する約束をしました。
また、夕食の頃にはダンボさんの体調も復活してると踏んで、3人で会うことになりました。
それまでの間、私はふたたび、幼馴染のいる病院に向かいました。
本当はみんなでお見舞いというのも考えていたんですが、幼馴染の意向が「大阪府内からのお見舞いはお断りしている」とのことで、元気になったらみんなで会いましょうということに。
差し入れと伝言を持って、私ひとりで病院に行きました。

幼馴染は、前日に私が去った直後に、頭の抜糸があったようでした。
抜く際は痛かったそうですが、サイボーグ度が少し減って、ひきつるような笑顔ではなくより自然な感じ。
少しずつですが復活してきているようでした。

しかも驚いたことに。
私は前日に彼女のリクエストで、チョコレートを持参しました。
それもゴディバやロイズのような高級チョコレートじゃなく、庶民のチョコレートが食べたいとのことで、キットカットの大袋とアーモンドチョコの大袋、2袋を持ってきたのですが…。
なんと彼女は24時間の間に、それらすべてを完食していたのでした。
ご存知と思いますが、チョコレートの大袋は、ひとりで食べるには結構な量があります。
「おいしかったし久々だったから、夢中で食べちゃったの~」おいおい、術後にそれは大丈夫か?

ま、まあ、喜んでもらえたのですよね。
それはよかったことですよね。
しかし大袋2つ完食…もしかして足りんかったんかな(汗)。
この人も相変わらず、よく食べる人ですね~。

他人事みたいに、その時は思いましたが。
他人事ではないのです。
というか、他人のことをどーこー言える立場じゃない私であります。

夜。
ダンボさんとねくらさんと合流して、タイ料理食うんだす~~!!
20170627
メニューはタイの名前ですが忘れました。
これは牛肉焼いたやつでスパイシー。

これは春雨のスパイシーなやつ。
20170627
野菜もたっぷりです。

これは野菜と炒め合わせた麺料理で、甘いやつ。
20170627
トッピングされたナッツが香ばしいです。

他にも写真撮ってないけどいろいろ食べちゃいました。
バカみたいに食べちゃいました。
人のことは言えないのでした。
ちなみにお店はこちらです。
「タイ料理スワンナプームタイ」です…おいしゅうございました。

名残は尽きませんが、大阪滞在時間はあとわずか。
大阪土産を買わなくては。
20170627
チーズケーキが大人気の、りくろーおじさんの店の列に並びます。

焼き印を押されたおいしそうなケーキが袋詰めされていくのが見れました。
20170627
3人で1個ずつ買って、お土産購入完了。

そのあと、少し時間あるしお茶でも、ということになり。
20170627
やはりお茶だけでは済まなかったね私(というか3人ともです)。
食いしん坊には食いしん坊のツレが集まる、そういうことです。

というわけで、昨日の最後に書いた「食い倒れじゃなくお見舞いですから」が、全く意味をなさない大阪旅は終わりました。
いや、お見舞い、ちゃんと行ってきたはずなんだけどな。
おかしいな~。
なぜこんなことになるんでしょうか。

最後に、やっぱり言い訳。
お見舞いに行っても、面会時間には限りがある。
お見舞いに行っても、写真をバシバシ撮るわけにはいかなかった。
食事の写真はバシバシ撮れる。

…言い訳に、なってますかね(汗)。

ともあれ、幼馴染は今日は退院してるはずです。
あとは日にち薬でゆっくり治していただけたらと。
そしてねくらさんとダンボさん、お付き合いくださり、ありがとうございました。
たったの1泊2日でしたが、なかなか鯉じゃない濃い大阪滞在となりました。