らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨日発売の広島アスリートマガジンです。
絶賛発売中の2月号です。
20150126
この雑誌、シーズンオフになると買ってしまいますね。
普段は買いたくても立ち読みで済ますんですけど。
やっぱり、野球中継がなくて寂しいから買っちゃうんでしょうね。

表紙はおなじみ鯉のプリンス・堂林翔太選手。
彼のロングインタビューと、中崎翔太投手のロングインタビューが載っています。
ふたりの若き「翔太」に、今季も期待ワクワクなんですが…。

やっぱ今季最大のカープ魂はこの方です。
20150126
男気が帰ってきました。
そして、この雑誌にも久々に、ユニフォーム姿の男気が帰ってきました。
メジャー在籍時もちょこちょことインタビュー記事は載ってましたが、今シーズンが始まったら、また定期的に新しい黒田投手の姿がビシバシ掲載されることとなるでしょう。
もう楽しみでいけんわ。
毎月買うてしまうじゃないか。

そういった華々しい記事の掲載と、シーズンオフだからという理由の他にも、私には購入した理由があります。
20150126
ゆーきです。
いや、もうカープの人じゃないんだから、ゆーきって呼ぶのやめよう。
齊藤悠葵さんです。
「球界を離れて再出発する鯉戦士」…哀愁漂うタイトルではありますが、もちろん前向きに捉えましょう。
広島アスリートマガジンに、カープの人として掲載されるのは、おそらくこれが最後。
超推しメンの引退は私に衝撃を与えましたが、きっとずっと忘れないでしょう。
現在はアンダーアーマーで新たな人生を歩んでおられる彼に、素敵な未来がありますように。

その隣のページには、同じく去年引退された大島崇行さんが。
この方もスコアラーやスカウトなどの球団関係者にならなかったので、どうされたのか気になってはいましたが、記事によると広島で会社員としてのスタートを切ったとのこと。
彼も地味ながら、齊藤悠葵さんと同じく、貴重な左腕投手としてカープを支えてくれました。
広島にいるなら、どこかでお見かけするかもしれませんね。
その時を楽しみにしましょう。

なんだかんだで、キャンプインまで1週間を切っています。
退団した方々が再スタートを切ってる今、現役選手も調整に余念がないことでしょう。
そんな時期に親知らずを抜いたのか田中選手…大丈夫か?
キャンプ開始に影響が出そうですが、シーズン中じゃなくてよかったと思うべきでしょうね。
あれ、マジ痛いですから…。
私も3本抜いたけど、うち1本の時は口腔外科手術になり歯茎を2針縫い、痛さで仕事になりませんでした。

田中選手、去年、顔面だけで合計何針縫ってるんですかね。
ともあれ、今回もお大事に。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/997-18d34be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック