らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

グリムスが大人になりました。
通産、18本目です。

これは昼間のグリムス。
20140803

こっちは夜のグリムス。
20140803
どちらの樹も、真夏のビーチで人々の心を癒してる…って感じでしょうか。
自己満足ですが。

相変わらず、どのように育成したらこのような形になるのかは謎ですが、謎の最終形態を求めて、これからもブログ上でのエコ活動を頑張ろうと思います。
現在の主な植林地域は中国とアフリカ大陸だそうです。
あれ?モンゴルは??
まあいいや。
どこでも嬉しいですよ。

嬉しいと言えば、今日はこれでしょう。
20140803
6回、生還する田中さんとエルさん。
ここ試合、9打数無安打6三振、スタメン落ちも予告されてたというエルさんと、前回の試合で肝心な場面で併殺打を放ってチャンスを潰した田中さん…ふたりともよかったですね。

このふたりが生還する直前、堂林くんが6号ソロを放ちました。
それまで好調だった裏切り野郎の大竹投手の様子は、そこからおかしくなりました。
大竹は、メンタルがとにかく弱いです。
打たれると奮起するどころか、はぶててしまいます。
原監督もそれをわかっているのか、1点逆転されるとすぐさま、大竹は交代になりました。

カープすごい!と思ったのは、そのあとでした。
大竹の次に出てきたのは、打ちにくさでは定評のある「ぺろーん青木」。
この人もカープから流出した投手ですが、正直、出て来られると結構抑え込まれるのでイヤでした。
しかし、続く選手会長・梵がタイムリーを放ち、自らぺろーんのモーションを盗んで盗塁まで決め、そのあとも翼くんのタイムリーで得点…もう、笑いが止まらんね~。
大竹とぺろーんを打ち崩すんだから、ある意味、巨人さまさま。
終盤では巨人から来てくれたイッチーがビシッと抑えたし、これも巨人さまさま。

カープが今年優勝するかどうか、それはわかりません。
もちろん優勝してほしいと思いますが、そこまでの安定した強さがあるかというと、ないかもしれません。
でも、断言したいことは「今年巨人は優勝しない!」ということ。
西暦の末数字が「4」の年は、巨人は優勝できないという法則があるのです。
末数字4で優勝したのは1994年だけで、しかもギリギリの最終戦でやっと決めたのです。
巨人が優勝できないなら、阪神だけ叩けば、あるいはカープも…。

そんなささやかなジンクスにもこだわってみたい、年代物カープ女子の私。
これからのしびれるような追い上げに期待しましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/843-31ac63b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック