らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

いただきものです。
ちょっとおしゃれなクッキーです。
20140624
サンエール楓乃樹という会社の「メープルもみじラングドシャ」です。
メープルともみじ、ですか…。
言葉の響きはいいんだけど、そのネーミングはどうよ。
かえでともみじ、ですよね。
なんか潔くない気がするんですけど。

でも、パッケージはかわいくていいと思います。
20140624
味も程よく甘くて、すっきりしたおいしさでした。

クッキー生地にメープルシロップが使われていて、ホワイトチョコをサンドしたものです。
判りやすく言えば「メープル味の白い恋人」みたいな。
だから名前としては「メープルラングドシャ」でいいような気がします。
もみじってのはいらないでしょう。

この会社、いろいろなお菓子を出していてどれもおいしいですが、ほとんどのお菓子にメープルが使われています。
まんじゅうとか、バームクーヘンとか、チーズケーキとか。
中でも人気なのは「メープルもみじフィナンシェ」で、これは「メープルを使った、もみじの形をしたフィナンシェ」なので、もみじって名前を使うことに問題は全くありません。
だけどもみじの形をしたお菓子はこのフィナンシェだけなので、他のお菓子に「もみじ」という名称は使われてないんですが、なぜかラングドシャだけ使われてるという…なんででしょうね。

という、バカな話をしながら、生徒と一緒にこれを食べていました。
すると生徒が面白いことを言いました。

お土産のお菓子じゃけんね。
もみじって名前が入っとる方が広島土産っぽいけん、よその人に受けるんじゃないん?


そゆことか(笑)。
もみじは広島県の木で、広島県の花で、ある意味広島県のカリスマ。
メープル(かえで)はもみじとは別モンだけど、葉っぱの形がそっくりで素人目には区別が難しいから、これも準カリスマ。
カリスマと準カリスマの相乗効果狙い、ってことでしょうか。
確かにもみじっていかにも広島県ですよね~。
よその県では、広島県人ほどは秋の紅葉を楽しまない、と言いますし。

よく、よその県の人に「広島土産は何が喜ばれる?もみじ饅頭以外で」なんて聞かれますが、個人的にはもみじ饅頭でいいじゃん、と思います。
特に広島のツウじゃない場合は。
何回も広島リピートした人だったら、そりゃいろいろ紹介したいものはありますよ。
でも、もみじ饅頭もしくは「もみじ」の名前が入ってるお菓子って、味はともかく広島っぽさのいい演出になります。
大阪でタコ焼き味せんべい買ったり、名古屋で手羽先味せんべい買ったり、そういうのと同じですね。

メープルもみじフィナンシェ、安易な名称と思いきや、意外と深かったです。
そしてすごくおいしかったです。
次は自分で買ってきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/808-ec909646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック