らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

旅の3日目。
この日は朝から霧雨が降っています。
予報の通りではありますが、雨男の旦那に勝てませんでした。
それで、雨でも観光できそうな場所をチョイスし、四万十市から高知市へと移動することになりました。

悪天候でも、四万十市に来たら、ぜひ見ておきたい「佐田沈下橋」です。
20140516
ちょっと霧に煙る感じが個人的には気に入っています。
最後の清流と呼ばれる四万十川の、神々しい雰囲気が、晴天の時よりも顕著な気がして。
とはいえ晴天時にも見てみたくはありますね。

四万十川を北上し、沿線の道の駅などに寄りながら、こちらに到着。
20140516
海洋堂ホビー館です。
山あいの中に突如現れる不思議なこの建物は、廃校になった小学校を改築したもの。
海洋堂は、日本が誇る造形である「フィギュア」の文化を作った会社です。
アニメや特撮のフィギュアや、チョコエッグの動物などの食玩が作られてる会社…といっても、この山あいで作られてるんじゃないですけど。
過疎地に賑わいを復活させる目的で、秋葉原などではなく、四万十の地に作られたそうです。

等身大のケンシロウが入口付近でお待ちかねです。
20140516
筋肉のつき方なんかすごくリアルです。
そして顔が小さく足が長く、スタイル抜群です。
関係ないけど、ケンシロウって18歳だそうです…マジか。

館内でやっていた企画展です。
20140516
私も含め、昭和に生まれて子供時代を過ごした人々には懐かしさいっぱい。

あんまりかわいくない?ペコちゃん。
20140516
ペコちゃんもだけど、リカちゃんなんかも今のようにかわいくはなかったようで。
そういえばそうでしたね~。

見たことありそうなものから、古すぎて見たことないようなものまでいろいろ。
20140516
全部、かき集めた本物のようです。

昭和の雰囲気を醸し出す食卓風景。
20140516
テレビでは初期バージョンの「ルパン三世」を放映中です。

これは私が大好きな「エヴァンゲリオン」のフィギュアの数々。
20140516
こんなの作れるのって日本だけなんだそうですね。
海外にもアニメはあるけど、二次元であるアニメを三次元化する技術は日本ほど発達していず、せいぜいソフトビニール製のバットマンやスパイダーマンの人形がある程度で、日本のフィギュアやガンプラみたいな精巧なものはないんだとか。
もはやサブカルチャーを通り越した造形芸術ですね。

ああっ女神さまっ!の3人女神姉妹は目立つ場所で美しく飾られています。
20140516
こういう髪の毛やドレスの自然な感じが出せるのは、やはり器用な日本人ならでは、ですね。

雨の中、屋内施設をたっぷり楽しんだ後、高知市に行くわけですが、途中で須崎市に寄りました。
名物の須崎鍋焼きラーメンをいただきました!
20140516
思っていたよりもあっさり風味です。
鍋をした後のシメのラーメンみたいな感じで。
おいしかったですが…やはり私は尾道ラーメン派です(笑)。
だったら食うなってツッコミはナシね。
尾道ラーメンのおいしさを実感するには、よそのラーメンの食べ比べは必要ですからね。

旅日記はもう少し続きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/771-682ff11f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック