らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

旅の2日目。
松山の宿を出て、愛媛県を南方面に向かいます。
やがて県境を越え、高知県宿毛市に突入。
私がぜひ見たいものは宿毛市にあります。
ついに、旦那を巻き込んだ県外旅にて、ひとつの野望を果たしました!

その野望とは…バレバレかもしれませんが、ダムです。
20140515
中筋川ダムです。

堤体に階段状のデザインがなされていて、無機質さがなく美しいです。
20140515
ゴミがたまりやすいという欠点もあるそうですが…見た目と機能の両方を満足させるのは難しいのですね。

逆方向から。
20140515
天気がいいこともあって、水がとてもきれいです。

とても立派な管理事務所。
20140515
こちらでダムカードをいただきました。
広島県以外のものを現地でいただくのは、かなり久しぶりです。

堤体の上、つまり橋の上を歩いてみます。
20140515
ダムは自然風景の一部、という建設コンセプトが見事に活かされています。
周囲の緑とのコントラストがここまで美しいダムはそんなにないかも。

もちろん水辺も大変きれいです。
20140515
ダム湖は「蛍湖」という名称で、ホタルの名所となっています。
今は止まっていますが、観光用に土師ダムのような噴水施設もあります。
バス釣りの聖地としても知られているんだとか…バスは釣らないのでわかりませんが。

周辺にはこのように、休憩用の施設もあります。
20140515
他に、キャンプ場やスポーツ場、トンボの池やホタルの池なども併設されています。
また月に1度、放水ショーとライトアップがあるそうで…こんなダムが近くに欲しいです~~!!

ずっとこの場所に居たいと思いつつ、そういうわけにもいかないので移動します。

宿毛市には、競馬好きの旦那注目の場外馬券売り場「パルス宿毛」があり、この日はNHKマイルカップなどの開催があったのでちょっと寄ってみることになりましたが…。
あまりにも会場がマッタリしすぎていたため(笑)、マジで寄っただけになりました。
いくら競馬が好きな旦那でも、無条件に楽しめる場所ではなかったようで。
馬は当然いない、こういう場所に欠かせないオッサン集団も控えめ、飲食などの施設も控えめ、ただ馬券を売ってるだけの場所…そんなんなら、ネットで馬券を買う方がマシってことなのでしょう。

パルス宿毛から松田川沿いを走っていると、名物の鯉のぼり集団がお目見え。
20140515
四万十川上流の方でも、同じような風景を見ることができます。
これと「くろしお鉄道」を同時に写真に収めようと、撮り鉄さんたちが待ち構えていました。
私にとって鯉のぼりは、別の意味でテンションが上がります(笑)。

美しい川の風景を見ながら、四万十市のホテルに着きました。
ホテルの部屋の窓から、四万十川がきれいに見えました。
20140515
この橋は「四万十川橋」です。
通称「赤鉄橋(あかてっきょう)」と呼ばれ、四万十川のランドマークとなっています。
以前、高知県出身の友人が「四万十川なんか別に清流じゃない」と言っていたことがありました。
しかしその人は福山で芦田川を見て「やっぱり四万十川って超きれい」と認識を改めてしまいました。
そんなエピソードを思い出しました…四万十川、その人が言うまでもなく、超きれいです。

チェックインの後、ホテルの近くにある「天神橋商店街」を歩いてみました。
そしてこんな顔抜き看板を見かけました。
20140515
そういえば、そうでしたね。
去年、日本一の暑さを記録したのは、この四万十市でした。
だからじゃないけど、この日もめっちゃ暑く、最終的には半袖Tシャツ1枚で歩く私。
まだ5月でこのありさまでは、8月とかどうやって過ごせばいいんでしょう。

旅の前半がこれでだいたい終了です。
もうちょっと、お付き合いください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/770-5aecdcb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック