らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

F1開幕戦は録画して、今日観ました。
私が応援する新婚バトンは3位表彰台、日本人のカムイくんはリタイア。
それらよりも今回の注目は個人的にはルーキーのケビン・マグヌッセンです。
私が初めて観に行った岡山のパシフィックGPで、盲腸で出られなかったミカ・ハッキネンの代わりに出場したヤン・マグヌッセンの息子にあたる人です。
あの時「まだ22歳なのに3歳の息子がいる」と、変な意味で話題になったドライバーがお父さんのヤンさん。
当時3歳の息子、現在21歳にしてF1ドライバーになったのですね。
しかもデビューでいきなり2位とは、お父さんをはるかに超越しておられる…楽しみですね。

さてさて。
天気も良く、仕事も休みの今日。
三原残留記念に、三原観光です。
そう、数々の「三原市内行き残し」を、なるべく制覇しようと決めた私。
観光した場所は家からわずか3キロ、同じ町内のこちらです。
20140317
「曹洞宗・米山寺」です。
曹洞宗は私の実家と同じ宗派…というのは関係なく。
この写真は後光が差してます。
じゃなく、逆光で見えにくいです。

逆光を避けまして。
20140317
おお、きれいな梅の花も見えて、こっちの方がいいですね。
このお寺は、小早川家の菩提寺です。
特に、毛利元就の三男である小早川隆景が有名です。

小早川家墓所です。
20140317
この右端にあるのが隆景墓、左端が重文指定…ただし、厳重に囲ってあるため入れません。

毛利氏の陰に隠れがちですが、小早川隆景は三原市の礎を築いた中心人物と言っても過言じゃない人です。
20140317
やば、私と同じ町内って最初に書いちゃったじゃんか。
このお寺の住所が書いてあるじゃんか…ま、いっか。

このお方も、広島県では有名です。
20140317
管茶山さんの碑があります。
小早川隆景の功績を偲ぶ内容が書かれています。

何度も言うけど、ここは近所です。
にもかかわらず、到着するのにかなり迷い、相当の時間を要しました。
4年半も住んでるのに3キロ先の近所で迷う…私はまだまだ、修行が足りません。
確かにくねくねした狭い山道を行かなければならなかったけど、観光客もそこそこ訪れる、じゃらんのホームページにも掲載されている有名な場所なのです。
三原は、いや、ご近所は奥が深いです。
残された居住の日々、大切に使わなければ、と思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/721-75062d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック