らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

細いノーズ禁止、って言ってる今年のF1ですが…。
こりゃひどいんじゃないですか?
私、車のデザイン的なセンスはよくわからず、単に好みで言っちゃいますけど。
あまりにもダサくてかっこ悪いです。
先っぽがアリクイみたいな形になってます。

フォースインディアのマシンです。
20140131
デザイナー自ら「気持ち悪い」と発言するダサさです。

外見が悪いからファンが離れる、と言うほどのことではないと思います。
今年は久々に日本人参戦が決まったし、私も去年よりは気合入れて観ることでしょう。
だけど安全性だかなんだか知りませんが、マシンがどんどん不細工になっていくのはなんとも。
F1で競うのはもちろん速さですが、貴族まがいのスポーツとして、美を全く追求しないってどうなんでしょう。
また、楽しさやスリルを全く追求しないってどうなんでしょう。

セナが死んだ時、安全性が声高になり、マシンが変わりました。
その後はF1界でレーシングコース内での事故死は起きていません。

タバコメーカーが世界的なバッシングを受けて、タバコ広告がマシンからもコースからも影薄くなりました。
その後は愛煙家が格段に減りました。

町中にエコカーが走り出して、エコが叫ばれました。
その後はモータースポーツの肩身が狭くなりました。

どれも地球にとっても人にとっても優しい、いいことではあります。
でも、変にお金を持っている「ならず者達」が命がけのショーを繰り広げるのがF1の面白さだとしたら、その点はどんどん面白くなくなってきてるんじゃないでしょうか。
F1は、最高峰のモータースポーツであるべきです。
アホみたいな規制がありすぎて、つまんないデザインの車を作らないといけない現状がすでにおかしい気がします。
いや今までにも規制規制はやかましかったですが、個人的には目をつぶれるレベルでした。
今回のこのダサい車には目をつぶれないですね。
どうしても。

そのうちモータースポーツに大改革が起こって、電気自動車の速さを競うレースとか出てくるんでしょうか。
そして、その進歩を見届ける時代が来たりするんでしょうか。
それはなんか間違ってる気がします。
見たくないです。
エコカーのレースなんて。
エコカーを華麗に操縦して、ガッツポーズしてるジェンソン・バトンとか、絶対なんか違います。

美意識もエコ意識も、人それぞれではあります。
そうであっても、あのマシンは許せんですね。
もっとマシな何かはなかったんでしょうか。
考える余地はなかったんでしょうか。
昔は、車の知識も何もない層が「F1ってかっこいい!」と認識して、F1マシンのミニカーやプラモデルを飾りたいと思えるような雰囲気がありました。
無駄を省いていて、機能美と言われる形もシャープで、タバコの広告いっぱい貼ってあって、センス良く感じられました。
今のマシンのプラモ、誰が欲しいんでしょうか。

カーナンバー固定化とか、新しいルールもいろいろ導入された今年のF1。
楽しく観られるかどうかは、ふたを開けてみないとわかりません。
あんなマシンでも、面白いのかもしれません。
今のところは結構テンション下がってますが。
このテンションで、3月16日の開幕を迎えると思います。
日程見たら韓国とインドが外れて、ロシア初開催とオーストリア復帰が予定されてますね。
全19戦、ワクワクしながら観られることを期待しています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/679-9d93ded1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック