らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

愛南町に着きました。
しまなみの中間点で生まれ育ち、広島県人でありながら幼い頃から愛媛県に親しんできた私ですが、愛南町に足を踏み入れるのは人生初です。
そう遠くない場所であっても、未踏の場所に行くのは新鮮ですね~。
まだまだ日本は知らない場所の方が圧倒的に多いです。

まずは道の駅にお立ち寄り。
「みしょうMIC」です。
20130124
ここ、売られているものがなんか懐かしいです。
いろいろな種類のミカンとか、ミカンのジュースとかお菓子とか、牡蠣とか…まるで広島県。
リアス式海岸だから瀬戸内海の気候と似てるんでしょうね。

目的地の「宇和海展望タワー」です。
20130124
タワーと言ってもエレベーターや階段は使わず、矢印の部分が少しずつ回転して上に向かっていという、乗り物アトラクションのようなつくりになっています。
乗っているだけで360度パノラマが目の前に展開するのですが…やはり高所恐怖症の旦那は怖かったようで。

私には絶景です!
20130124
リアス式海岸の向こうには、うっすらと九州が見えます。
天気、まだまだ崩れておりませんよ~。

別の角度からは牡蠣いかだがたくさん。
20130124
牡蠣いかだは広島県人には真新しいものではないですが、所変わればやはり新鮮な景色です。

展望タワーのふもとには、紫電改展示館があります。
20130124
紫電改が保存されているのは国内でここのみです。
昭和53年11月に愛媛県久良湾の海底で発見されたものを、翌年引き上げて補修したものです。

派手な飾りつけもなく、建物の真ん中に鎮座しています。
20130124
紫電改の電飾だったら、呉で毎年見てるんですが、本物は初めてです。
今更ですが、日本人ならここに来て感謝をすべきじゃないかと。
今の平和な社会に対して。
また、今の平和のために戦って没した方々に対して。
関係ないけど、首相の靖国参拝だって私は悪くないと思いますよ。
原爆ドームや長崎には行ってもよくて、靖国はダメっていうのはどこかおかしいです。
どこに行っても、感謝の気持ちと冥福を祈る気持ちに変わりはないのだから。
「靖国参拝=侵略戦争の正当化」ではないのだから。
あの首相を個人的に支持するかどうかは別として(爆)。

ガラにもなく真面目に語ってみたりしながら、やはり天気予報が心配なので松山に戻ります。
その前に宇和島城の近くにある道の駅「きさいや広場」に寄ります。
20130124

ここでは空腹だったので腹ごしらえをします!
20130124
宇和島名物・じゃこ天うどんです。
鹿児島方面では「さつまあげ」、広島県の鞆の浦では「がす天」などと呼ばれたりしますね。
まあ、魚のすり身を揚げた練り物が乗ったうどんですが…ウマ~~~。
四国はどこに行ってもうどんのクオリティーが高いですね。
旅行者として行くと、どうしても地魚や地鶏などの郷土料理が食べたくなりますが、四国で暮らすなら日常食はうどんがよさそうです。

今回、宇和島~愛南に行ったことで、ついに愛媛県制覇に至りました。
20140124
これはコロプラ位置ゲーの塗りつぶしマップ。
四国はあと、高知県宿毛市を残すのみです。
コロプラ自体がもうかなり廃れていて、イベントなどが面白くなくなっていますが、スタンプとお土産を集めることだけは旅好きの私には楽しいので、しばらく辞めずに頑張ってみます。

旅記録は、もうちょっと続きますのでご了承をば。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/672-679a2f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック