らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

病み上がり~~。
仕事開始~~。
結構きついかも、と、最初は思いましたが、病は気からって本当ですね。
確かにしんどい時は横になっていたいけど、ずっと横になっていたら体も多少痛くなるし、快方に向かっていたとしてもあまり希望が持てません。
こうやって動き始めて、やっと人の体は希望が持てるんだな、と。

あまりきつくなく仕事できました。
そして、普通にお腹が減りました。
帰宅してごはんを作ろうと思ってたんですが、旦那から「それまで待てんけん外で食おう」とメール。
待てないほど空腹…そりゃ、あまり選択肢がないですね。
そしてその時点で私のいる場所は竹原市、時刻は21時過ぎ…選択肢ほぼなし。

ということで、これになりました。
20140114
すき家の牛丼(並)280円。
味噌汁、おしんこ、卵の3点セットでプラス100円。
合計380円…ああ、安いですね~。
安くてお腹いっぱいですね~。

私は牛丼屋ではタマネギをよけるため(子供みたい)、ひとりでは行きません。
また、タマネギをよけるため、今流行のコクミソや塩だれやチーズ牛丼などは面倒なので頼みません。
以前、わさび山かけ牛丼を頼んで、面倒がってタマネギをよけずに食べたら腹下りが起きました(泣)。
したがってオーダーはノーマル牛丼のみです。
夏場のすき家にはうな丼があり、この場合はタマネギないので山かけし放題ですが。

私のオーダーの趣味などどうでもよろしいですね。
家で腐ってる間は、なんとなく大事を取って「消化が良くて水分の多い食べ物」を意識して食べ、飲み物もグリーンダカラとしょうが湯とアップルジュースだけ飲んでました。
でも、こうやっていかにも体によくなさそうな(失礼!)がっつりした牛丼を食べたくなるほど空腹になって、久しぶりに強い炭酸のコーラまで飲んじゃって…ということができるなんて。
健康って本当、当たり前じゃないんだと実感しました。
たかが風邪で数日腐っていたくらいで、そう思うのです。
何か月も入院したりしたら、シャバの空気はそりゃうまかろう。

ところで。
しょうが湯やアップルジュースやミカンがあるなら、グリーンダカラ要らなくない?
ミネラルウォーターでよくない?
という指摘が、社宅のお友達Fさんからあったんですが…。

実は私ですね。
いい年して病院が嫌いで注射が怖くて点滴も未経験、という話は書いたことがあるんですが。
もうひとつ秘密がありまして。
いえ大変恥ずかしい秘密なのですが、思い切って白状しますと。

粉薬が飲めないのであります…わーはっはっはっは(汗)。

だって苦いじゃないですか。
昔はこれでも、我慢して飲んでたんです。
でもある時、苦さに耐えられず、飲み込めずに食事とともにリバースしまして。
自分の根性なし度合いに呆れつつも、それがトラウマとなり、粉薬は買わなくなりました。
しかし今回、Fさんは栄養ドリンクとともに、よく効くと言われる粉薬もいくつかくださいました。
薬剤師さんがおすすめする薬だったら飲まなきゃ、しかし私飲めんし、どないしょ~…。
苦肉の策として、水ではなくスポーツドリンクを使うという手段を教授され、なんとか苦さに耐えて何回か飲んだというわけです。
そのおかげもあって、仕事復帰もできたのです…いろいろ感謝です。

これじゃまだ、粉薬を克服したとは言えないでしょうね。
もし何かあって入院してお薬の時間になって「私、飲めないのでスポーツドリンクください」とか言ったら笑われるに決まってるし。
それこそうちの父ちゃんみたいに糖尿の持病があったら、糖分入りの飲料はダメだろうし。

根付いたトラウマの恐ろしさ、いつか払拭できる日は来るのでしょうか。
てか、レベルが低すぎて悲しくなりますね…。
幼稚園児でも粉薬くらい飲むってば。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/665-6c99dd62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック