らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

映画を観に行きました。
久々に洋画です。
20131126
「悪の法則」…監督はリドリー・スコット。
エイリアンとかブレードランナーとか、面白くて大好きです。

キャストはこの通りの立派な俳優陣です。
20131126
巨匠とスターが共演する、さぞかし豪華な作品ではなかろうかと期待して観たんですが…。

確かに、破壊力はありました。
しかし専門家の評価が賛否分かれたように、これは観る人をかなり選ぶ作品ですね。
R15指定ということで、エロさとグロさが結構あるんですが、それ以前に15歳未満が観たって内容の大半を理解できそうにない、難しすぎる映画でした。
成人してる私でも、伏線を拾うのに必死で、内容について行くのが精いっぱい。
字幕で観ないで吹き替えを観たら、もう少し余裕があったかもしれませんが、とにかく難しいお話なのです。

だからって予備知識やネタバレを仕込んで観たら、きっとオモロナイでしょう。
1回じゃなく2回以上観たらもっと感情移入できると思うけど、なんかもう2回観ようとは思えないし。
キライな作品じゃないです。
ただ、もう結構というか、自分的には微妙だったかも。
巨匠とスターに期待しすぎて観ると、肩透かしを食らいます。
おすすめは、一応できますよ。
期待過剰さえなければ。

確実に「こりゃすごい!」と思ったのは、キャメロンの体当たり過ぎる変態演技(笑)。
マイケルとハビエルに惹かれる方は楽しめます。
ブラピはイマイチ。
ペネロペを熱愛するファンは観ない方がいい。

まあ、そんな作品でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/621-a57698c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック