らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

2日目の続きです。
うみがめの海岸を後にして、前日に訪れた鳴門市に向かいます。
ただし今度は海沿いではなく、鳴門市の西の方へ。

目的地の看板が見えました。
20131027
鳴門市ドイツ館です。
第一次世界大戦中のドイツ人俘虜収容所の記念施設です。

建物はこんな感じ。
20131027
ドイツ兵俘虜達が作成した図書や写真、日用品等を初めとした当時の貴重な資料が数多く保存されています。

俘虜といっても人権を尊重され、自由で快適な暮らしを保障されていたようです。
20131027
このフラッグの明るいイメージそのものです。
俘虜たちは牧畜、製パン、洋菓子、西洋野菜栽培、建築、スポーツなど様々な技術を日本にもたらし、今に引き継がれています。

中でも音楽活動は盛んで、ベートーベンの「第九」は日本ではこの地で初演されたのです。
20131027
複数のオーケストラや様々な楽団が100回を超える演奏活動を行ったそうです。
俘虜のカテゴリを超越していますね。
俘虜というと「とらわれの身」なんてイメージがあるんですが、そのイメージが大きく覆された気分です。

当時の看板、だそうです。
20131027
なにゆえテレビの横に、しかも宣伝ポスター貼りまくりの場所にあるのか不明ですが(笑)、気にするなってことでしょうか。

ここは道の駅が隣接されています。
20131027
その名も「第九の里」…素晴らしいです。

道の駅にあった、本場ドイツのホットドッグをいただきました!
20131027
私ドイツに行ったことがないんで、これが本場なのかどうかはわかりませんが、すごくおいしかったです。
パンはプンパニッケル、パンからはみ出すソーセージはシンケンヴルスト…って名前で、ドイツでは一般的なものらしいです。
見た目はそこらの屋台のホットドッグっぽいけど味は全然違いましたよ~!

もうちょっと、続きます。
また場所は移動です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/596-821ea6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック