らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

前日の予告通り、家でテレビ三昧してました。
午前中はちゃんと仕事に行きましたよ。
カテキョ先で「先生、今日はパブリックビューイング行かないんですか?」なんて聞かれる始末…理解があるんだか呆れられてるんだかわかりませんが、いくら私がクソ野郎でも仕事をさぼってまでは行きませんよ~!
これがもし日本シリーズチケットを持ってたりしたら、はっきりそのように宣言する自信がないところが私のアホなところですが…いや、自分を卑下するのはやめよう。
世の中にそんな人はきっと多いはずなんだ。
俗世間に翻弄される、自分のような人間が。

でも、この2日間、本当に翻弄されることが幸せでしたね。
カープはファイナルステージ進出です。
それも3試合目をすることなく、ストレート勝ちです。
なんか今まで弱いフリしてたのかと思うほど、阪神相手によく戦いました。
私、日曜は無理だけど、月曜は3試合目を観に、マツダスタジアムに行こうかと思ってたんですね。
そしたら試合自体が存在しなくなるほどカープが強かったという。

強くなった理由は様々あります。
投手陣の安定。
打線のつながり。
個々の仕事の向上。
故障者続出による補強の好転。
…これは、特にサードの補強ですかね(汗)。
なんて書くと、現在お休み中の堂林くんを責めてるみたいですが、堂林くんが出なくなった頃から菊池の守備が素晴らしくなって、梵も三遊間だけ守ればよくなって、サードが楽になったってのがあるんですよね。
そしたら投手は安心するから落ち着いて投げられるし、いろいろな相乗効果の一部は間違いなく菊池選手ではないかと。

あとは、エルドレッド。
故障して離脱した際、私はもう彼をカープで観れなくなると本気で思っていました。
キラさんが出てきて華々しく活躍しだして、エルさんの出番はあるのか、と思ってました。
それが2軍で腐らず修業を積んで、CS進出に大きく貢献しました。
そんでもって今日のものすごいプレーですよ。
お立ち台でも輝いてました。
彼は今後のカープに必要な人です。
何としても残留させてほしいですね。
外国人は、バリントンとミコライオの残留以外は決定していないと聞いていますが…どうなるでしょうか。

勝ち越しタイムリーヒットを打ったエルさん。
20131013
すっかり赤いユニフォームが板についてきました。
貫録もあります。

試合を観終わって、家でコーヒーでも淹れて飲もうとしていたら、父ちゃんが電話してきました。
「カープ、強いの~。甲子園へ観に行ったんか?まあ、ドームで巨人がやっつけるけんの」
…父ちゃん。
久々の父娘の会話がそんなんでええんか。
じゃけえ私は子供の頃からオッサンみたいなんよ~~!!
でも、まあ、こんな形であっても父娘の絆の一種と受け止めましょう。
父ちゃんなりに、弱小球団を必死で長年応援する娘の姿は痛ましかったのかもしれませんし。
しかしね、父ちゃん。
巨人は確かに強いけど、父ちゃんが上から目線にならんでもええじゃんか。

16日から、その巨人相手に戦うカープは、敵地東京ドームに乗り込みます。
マツダスタジアムでのパブリックビューイングは、最低でも4試合あるから、1試合くらいまた観に行ってみたいな~と考えています。
おそらくファーストステージ以上に、整理券争奪は激しいはず。
それでも「印籠」持ってる私は無敵です。
無敵ですが…単独行動は結構寂しいです(笑)。

来季に備え、誰か一緒にファンクラブ入りません?
まわりに入ってる人がいないんですよね。
旦那も入ってくれません、というか、入るほどのファンではないし。
逆境の中で黙々と応援を続ける孤高のカープファン…おお、なんだか前田智徳様みたい!

怒られるぞ(爆)。
スポンサーサイト
コメント

いつもは見ないカープの試合も見ちゃいましたわ。

選手の名前もろくに知らないけど広島県人としてはうれしいです。  

パブリックビューイングでの姿、探すねー。
2013/10/14(月) 17:11:57 | URL | ひら #- [ 編集 ]
>ひらさん
こういう時期に、普段観ない人が興味を持って、ファンが増えるそうです…カープには長年そういう時期がなかったってことですね~。
あと、探さないでください(笑)。
恥ずかしいので~~。
2013/10/15(火) 02:28:59 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/581-06a01f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック