らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

私としては「倍返し」の半沢直樹よりも「やられてなくてもやり返す」の古美門研介の方が好みなんですが…。
CSに挑むカープにとってはまさに倍返しが大事。
そんな歴史に残る、カープのCS歴代初試合を、パブリックビューイングinマツダスタジアムで観てきました!

このパブリックビューイング、10月9日に整理券が配られ始めて、その日のうちに品切れになったんだそうな。
でも私は極赤ファンクラブ会員なので、会員証を見せれば、整理券なしで入場できるのです。
ちなみにファーストステージ3試合とも、です。
やっぱおいしいわファンクラブ。
来年度も入っとかんといけんわ。
あと、ファイナルステージの東京ドームまで進んだ場合も、パブリックビューイングはあるそうで、整理券の配布はまだ未定ですがこちらも入場できるらしいです。
めっちゃおいしいわファンクラブ。

最初はテレビ放送もあるし、家で観ようかと思ってました。
しかし午前11時頃、自宅の前の道路で何か工事が始まり、けたたましい騒音が。
それに驚いて社宅のあちこちの世帯から、赤ちゃんのけたたましい泣き声が。
これじゃ、窓開けてテレビゆっくり観れんじゃん。
…出かけました(笑)。
こういう即決即行動ができるのも、極赤会員証という名の「印籠」のおかげでした。

スタジアムに到着すると、もんのすごい人口です。
20131012
外野や2階席は立ち入り禁止になっており、内野席のみの入場ですが、1塁側も3塁側もほぼ全員がカープファン。
これはもう、盛り上がるしかありません。
グラウンドに選手がいないにもかかわらず、最高の試合展開だったこともあって、一体感が半端なかったのでした。

このビジョンに、試合の模様が映し出されます。
20131012
スタメンはこの通りですが、先ほど書いたとおり、グラウンドに選手はいません。
つまり、ビジョンを観て実況を聴いていれば、スタンドのどこにいても試合展開が分かります。
それゆえの自由さもあって、一体感もあるけど各自のスタンスで観られる、みたいな良さもありました。

私も、カープが先制した時に安心して、カープうどん(ネギ抜き)食べちゃったりして。
普段の試合観戦中だと何か食べる余裕ってあんまりないですけど、今日は自由ありまくり。
20131012
よく考えたら、球場が移転してからカープうどん食べるの初めてでした。
なんか真夏のくそ暑い時期ばっかり来てたから、熱いうどん欲しくなかったんですね。
今日くらいの気候だとうどんがおいしいです。

選手はいないけど、スラィリーはちゃんと来ています。
20131012
5回の終了時には、いつもと同じように、みんなでCCダンスを踊るのです。
こうしてテンションが上がっていきます。

ジェットバルーンも飛ばします。
ここは広島だけど、試合は一応ビジターなので、7回裏じゃなく表の攻撃前に飛ばします。
20131012
選手がいる時と何ら変わりない応援が、パブリックビューイングでもできるのが嬉しかったですね。
ただし、トランペットや笛や太鼓などの鳴り物は禁止で、応援旗やプラカードも禁止。
ユニフォーム、バット、拍手、声援はOK。
誰ひとりルールを破ることなく、一生懸命応援しています。さすがだ。

ビジョンでは試合終了後のインタビューまでばっちり放映。
わかりにくいけどスリーランのキラさんです。
20131012
テレビで観ていたら、最後の方の大量得点を観れなかったみたいですね。
丸さんと岩本さんのホームランも、それはそれはしびれました。
いい試合を本当にありがとうございました。

試合開始までドキドキでしたが、初戦を飾れたことは大きかったと思います。
もし阪神にも勝ちがつくとしても、阪神の今までのCS勝率は最悪(何回かCSに出てるのに1勝しかしてない)なので、カープ有利になりそうな予感です。
倍返し、ぜひともうまく行ってほしいですね!
なんにせよ、10月のこんな時期まで野球を楽しめるって素晴らしいことなんですね。
すっかり忘れておりましたよ(爆)。

おまけ。
帰宅の際、サービスエリアで食べた「安芸津のじゃがいもコロッケカレー」です。
20131012
これ食べて、翌日も応援を頑張りましょう。
日曜は午前中が竹原で仕事なので、昼過ぎからすぐにマツダスタジアムに向かっても間に合わないと思われ、ラジオ持参で西条酒祭りにでも行こうかと思ってましたが…家でテレビ観ると思います。
それほどCSが気になります。
F1日本グランプリも気になります。
出たがりの私でも、家にいたいこともあるのです…理由がテレビのしかもスポーツ番組とか、まるでガキかオヤジです(爆)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/580-0376c319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック