らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

一夜明けて。
旦那、住み込み職場への異動はないそうです。
それどころか今までと全く同じ部署に引き続き勤めるという「完全動かず」が決定。
やはり約1週間前に旦那が言っていた「すでに複数人数今の部署から出ていくの決まってるから、大丈夫かもしれん」が当たってました。

まあ、人事を担当する人間だって考えますよね。
いくら心機一転したくても、総入れ替えに近いことはなるべくやらんでしょう。
私が塾づとめの頃、塾が何を思ったのか知りませんが1回だけ「新年度の総入れ替え」をやったことがあり、私も含め、福山市某所の教室にいた教師が全員異動したことがありました。
なんと、その教室は、1年後に廃止に追い込まれました(笑)。
運営が行き詰まったならともかく、うまく機能している際に総入れ替えなんかやるもんじゃないという典型的な例ですね。

そんな昔の話はともかく。
自由になった私はひたすら遊ぶ…じゃなくて。
真面目に帰省して、彼岸のお墓参りに行ってきました。
父ちゃんと一緒に行くつもりでしたが、父ちゃんは自由人です。

「その日は芝居を観に行くんじゃ。留守にするけん、適当に参って帰れ」


たまに帰省する愛しい我が子(爆)に対してなんつーセリフですか。
まあいいや。
安政柑とデコポン箱いっぱい、持って帰れって玄関に置いといてくれたし。
引っ越しもないからたっぷりもらってありがたかったです。
旦那の実家にも持ってってくれ、と、さらに箱と置手紙があって呆れたけどよ。
なんでもかんでもついでに済ませるんじゃな~い!

まあいいや。
旦那の実家にも、ちょうど用事があって行くつもりだったから。
そう、義父さんの誕生祝を持って行ったのです。
お祝いと安政柑を渡すと、義父さんは言いました。

「ありがとう。洲江のお父さんは元気にしてるかい?」


…一応、元気だって答えましたけどね。
芝居に行ってて留守だったから帰省したけど会ってない、なんて言うと、どんな親子関係かと思われそうなのがイヤで言えませんでした(笑)。
義父は父ちゃんとは真逆の、大変律儀な方なのです。
何か都合があったとしても、私が家に行くからと伝えると、都合をキャンセルして在宅してくれるような律儀な方なのです。
そういうの申し訳ないので、最近は事前に連絡せずに行くようにして、不在の場合は出直しています。
こういう人なので、私が墓参り帰省をすると分かっていて平気で留守にするような我が父ちゃんに対して苦手意識アリアリなのです。
憎しみ合ったりはしてないけどね。
やっぱり価値観はある程度似ていた方が、仲良くはしやすいよね。

後続車がなかったから、橋の真ん中で一瞬止まって撮った因島大橋。

遊びのお出かけではないけど、こんな風に優雅にしまなみ海道を走行できるのは、引っ越しをしなくて済んだおかげ。
やっぱり突然の引っ越しって確実に何日か、人間らしい暮らしを奪います。
旦那の職業上、避けられないものではあるけど、今後なるべく少なくて済みますように。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/402-e9723f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック