らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

満を持してついに、本物が登場なさいました。

竹原のあいふる通りにあるベンチにたたずむピンクの猫。
これ、触ってもいいんかな?

その前に接近撮影です。

陶器か何かでできているようですが…ももねこ様です。
この写真は、2月19日に撮影されました。
小倉旅行から戻った翌日、仕事に行く途中で竹原に寄り、発見したのです。
(三原~安芸津の通勤なので、竹原は通り道です。)
どうも16日に「あいふる通りリニューアル祭」が開催されたらしく、その時に設置されたもののようです。
このベンチ以外にも、電話ボックスやお店の看板など、ももねこ様でいっぱいになっていました。

今まで商店街の中には、あちこちにお手製のももねこ様が飾ってありましたが、リニューアル祭で設置された数々のももねこ様は全て「松竹設置」。
つまりパチもんではなく公式。
すごいじゃん竹原。
「アニメで町興し」のレベルは超えてますよ。
だってアニメで、というより、あからさまなピンクの猫のひとり歩き。
いや猫だから一匹歩きか?
なんでもいいです、すごいです。

陶器っぽいものなので、触ってもモフモフはしていず、硬いです。
雨や風に負けないようにするため、そうなったのでしょう。
この日の竹原は午前中が雨で、撮影時は止んでいましたが、ももねこ様に水滴がたくさんついていました。
でも私がハンカチで拭いてさしあげると、すぐにきれいになりました。
ちょっと残念な気もしますが、モフモフではそうは行かないので、触感の硬さには目をつぶって存在のみ楽しみたいと思います。

あと、これ、持って帰るの無理ですよ。
一応持ち上げようとしたけど(したんかいっ!)がっちり固定されていてビクともしなかったです。
まあ、同じように持ち上げようとした人も多いかと思いますが…。

鳥取県境港市の「水木しげるロード」では、よく妖怪銅像の手足がもぎ取られたというようなニュースがあります。
また、東京都世田谷区の「サザエさん一家」の銅像も、波平さんの頭の毛が3回にわたって抜かれてしまったと聞きました。
そういう不幸な事故を防止するため、このももねこ様は大仏のごとく大地に根をおろし(いや根をおろしてるのはベンチですが)ているのでしょう。

まあ、ベンチごと持って行くようなアホが万が一現れたら、それはそれでももねこ様のカリスマ性と人気が証明され、町の話題にもなるんでしょうが…やっぱり悪いことはしちゃいかんですよ皆さん。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/380-ca8324ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック