らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

バレンタインデーでしたね。
皆様には良き日であったでしょうか。

うち、画期的な出来事が起こりました。
なんと、旦那がチョコをもらってきたのでした!

失礼ながら、面白がって撮影しちゃいました。
だって旦那、現在の職に就いてから、職場でチョコもらってきたのなんか初めてですから。
かれこれ10年以上、なんももらったことなかったですから。
旦那のいる部署にはかれこれ10年以上、女性は存在しないのですが、お付き合いのある異業種の職場のおばちゃんがくれたらしいです。

不景気だけど、義理チョコ市場は拡大中らしいですね。
友チョコや自分チョコなんてのもありますし。
だけど旦那にくれた女性は、義理チョコとは言ってなかったらしいです。
かといって本命でもありません。
なんと「義務チョコ」だそうです。
旦那の部署の全員が、同じものをもらったっていうんだから…まさに義務チョコ。
そんなものまであるのか。
長らく会社勤めっぽいものをしてないから知らんかったです。

会社勤めの頃は、安物の義理チョコをいくつか買って、職場の人にあげてました。
ものすごい不景気の時期は、職場の女子みんなでお金を出し合い、お返しは要らないから…とさらに安上がりに義理チョコを配ってました。
中にはそんなのでもお返しをくださる律儀な方もおられたので、そういう場合は申し訳なく思いつつも、お互いに「安い中元」くらいな気持ちではありましたね。

もちろん旦那には、ちゃんとくれた人にお返しをするように…と言っておきました。
そういう習慣から10年以上かけ離れているので念のため。

私ですか?
私は毎年、一応旦那には何かあげてます。
お返しがあるのは隔年くらいです(笑)。
まあ、家計を同一にする家族なので、たかがバレンタインデーのお返しに気遣いは不要ですが。
ただ、今回私以外の女性から久々にチョコをもらったことで、私が毎年何かあげていることに対して少しは感謝の気持ちを持ってくれたみたいです。
あんまり外でモテ過ぎる旦那も困るけど、一切そういうのに縁のない旦那だと思いやりがなくなってしまうから、たまには何かもらってきてほしいですよね。
私の父ちゃんもサラリーマン時代は、たくさんチョコを持って帰ってくれていましたし、お返しを買いに行くのに付き合ったこともあります。

父ちゃん、大阪に単身赴任していた時だけは、かなり大変だったみたいですけどね。
なんでも大阪では「女性に義理チョコをもらったら、男性はホワイトデーに3倍返しをしなければならない」というローカルルールがあるらしく、バレンタインデーが日曜だったらホッとしたんだとか。
せこいと思わなくもないけど、人数多かったらきつそうです。

私、旦那の他には、カテキョ先にチョコをあげただけです。
それこそ義理チョコだけど、義理を尽くすって大事ですよね。
尽くした分、相手は応えてくれるもんだし。
だけど、その生徒の家に行くのは3月第1週まで。
ホワイトデーにお返しなどあるはずもなく(爆)。

…お返しは、「高校合格」という形でしてもらいましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/372-d5d4544f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック