らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今日、停電になりまして。
自然災害に見舞われたとか、ブレーカー落ちたとかじゃなく。
工事のための停電で、あらかじめ予定されていたものです。
予定されていた時刻は昼の12時から、約1時間。
いいとも観れないじゃん…は別にいいけど。
暖房が困るかなぁ。
うち、電気の暖房器具しかないですから。
でも1時間くらいなら、まあ、いいか。

これが。
1時半になっても、電気がつかないんですわ。
おいおい凶悪じゃんか。
予定時間オーバーしてますよ。
しかも、今日ちょっとサブいですよ。
電気温水器もつかないから、お湯も出ません。
そろそろ私、出勤時刻なのに。

2時になってもまだつきません。
仕方ない、もう出勤しなきゃ。
旦那が帰宅する頃(夕方)までに直ってたらいいとしよう。
自分が帰宅する頃(夜です)までには直ってるでしょう。

で、夜、帰宅。
冷蔵庫の中身が腐ってたりとか、そういうことはなかったです。
氷もアイスも溶けてなかったです。
私の出勤後、ほどなくして復旧したのでしょう。
よかった。
だけど時間オーバーするならあらかじめ伝えといてほしいよね。
何事もなかったから今回は別にいいけど。

食事して、入浴して、パソコンの電源を入れました。

やっぱり…何事もないってわけには行かなかったようで。
パソコンは普通に電源入ります。
だけど、ADSLのターミナルアダプターが真面目に動いてません。
全ランプがカラフル点滅しています。
そういえば、ターミナルアダプターが気になったから、停電が直ってから出勤したいと思ってたんだよね。
だけど直るまで待てずに仕方なく出勤したんだよね。
だってこれって、ゼロから設定するのすごい面倒じゃないですか。
停電が直ってすぐだったら、まだ予備電池があるだろうから、ゼロからじゃなく途中から設定すれば済むわけで。

はぁ~~。
最初からやるのか。
めんどくさ~。
引っ越すかもしれんのに。
でも私、あることを思いつきました。

デジタル家電は、使い続けていると、故障してなくても疲労する。
疲労すると誤作動を起こしたり、本来の機能を果たさなくなることがある。
疲労した場合はコンセントを抜いてしばらく置くと復旧する。


一昨年買った地デジ対応テレビの取説に、そう書いてありました。
そして、リモコンのボタンをいくら押しても動かなくなった時が1回だけありました。
リモコンの電池を交換しても直らなくて、どうしようもなくて、取説の通りコンセントを抜いてまた入れたら元通り直ったのです。
こうなったら、ターミナルアダプターのコンセントも抜いてやる。
それで直らんかったらゼロから設定し直ししよう。

…直ったのでした。
やはり「原点回帰」はどんな場合でも大事なんだと知りました。
昔のテレビは映らなくなったら叩いて直せ、なんて言っていて、さすがにデジタル機器でその脊髄論法は通じないだろうけど、困った時の頼みの綱はコンセントでありました。
携帯電話も、ガラケーだったら「電源オン/オフを繰り返す」ことで多少の不具合は直ったものだし(スマホでも直るようです)、次回からは何の迷いもなくコンセントに頼ろうと思います。

ああ、でも、デジタル家電って便利だけどややこしいな~。
今、CDプレイヤーが不調だけど、原因がさっぱりわからんし。
こういう時カセットテープだったら、いざとなったら分解したり、手で巻き戻したりできるのに…。
アナログ人間にはツライ時代になったもんです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/369-9f85736d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック