FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

2月に突入し、いよいよ私も仕事開始です。
今日は打ち合わせだけですが、生徒宅まで行きました。
指導は4日からで、教材や資料の受け渡しは明日…入試が迫ってるからなんかバタバタと準備してますが仕方がない。

生徒の家は「東広島市」と聞いてました。
東広島市は簡単に言うと、広島県の真ん中にある都市です。
私の自宅からだと東広島市の中心部は「最も近いそこそこの都会」なので、買い物などは日常的に行うことができます。
酒処として有名です。
中国山地に属してはいませんが、内陸部の盆地なので気温が低く、冬は積雪があります。

のはずなんですが。
なぜかこんなトロピカ~ルな雰囲気でしかも海と離島と橋が…。

一応、東広島市、ではあります。

しかも徒歩圏内にはこんな表示。

呉市との境目でありましたか。
やたら家から遠かったし。
つまり自宅を起点とすると、東広島市の中で最も遠い部類の位置、ということです。

これだから東京本社の紹介する案件は油断なりません。
東広島市だから三原から近い、って言ったあの担当者なんとかしてください。
元々、東広島市には海はありませんでした。
それが9年前の合併で豊田郡の一部を編入し、市制開始以来初の海が誕生することになりました。
私が行く家はその海の部分だったというわけです。
そんな説明は、東京本社からは当然ありません。
酒処の内陸部に行くのだとばかり思ってました…それだったら近かったのに。

期間は短いけど、海沿いドライブ通勤の日々が始まるようですね。
むしろ冬用タイヤを買わずに済んでよかったと思うべきでしょうか。
だけど海が存在する東広島市…私が小さい頃から持ってたイメージとは全然違うので、正直戸惑っております。
「東広島市安芸津町」…行ったことのない未踏の場所でもないんですが、やはり安芸津は豊田郡で海でじゃがいもが美味しくて、東広島市って感じは正直私にはありません。
住民の方には失礼極まりない思想ではあります。

通勤の道路には、こんな牡蠣いかだがずっと見えています。

安芸津は牡蠣の生産が盛んな場所で、そのことも東広島市のイメージとはかけ離れた感じがしますが、海育ちの私にはこの景色はなかなか良かったり。
遠い通勤だけど、この景色を見ながらだったら頑張れそうです。
明日、ステラのオイル交換をして、通勤に備えようと思います。
展示品を購入して4年、走行距離はとっくに5万キロを超えたステラ。
青い空と海の中、まだまだしっかり働いてもらいますよ!

えーと。
勤務時間は19時~21時てか。
夜じゃん、日没してるじゃん。
景色、見れないじゃん(泣)。
やっぱりこんなオチでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/360-fbf6a3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック