らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨日載せたメロンパンの写真ですが。
他の呉市メロンパン紹介記事やブログなどをネットで見てみまして、このパンは断面を見せないとあんまり意味がない…ということがわかりましたので、私も断面の写真を撮ってみました。

クリームのぎっしり感、伝わるでしょうか。
激甘とろりんのカスタードとはちょっと違って、かなりの弾力を感じるクリームです…練乳クリームと白あんを足したような食感です。

さて、今日はいよいよ、楽しかった男子高校生の最終指導日。
勉強熱心で努力家で、趣味が合い、話が弾み、授業のし甲斐がとてもあったので名残惜しいんですが、元々病休講師復活までの期間限定。
最後だからって卒業するわけでもなく、前任の先生にちゃんと生徒をお返ししなきゃならないので、特別なことはやらず淡々と指導をすすめました。

そして終了して、帰るという時。
こんな素敵なプレゼントをいただいたのです。

生徒のお母さんは、趣味で油絵のグリーティングをやっているんですが、生徒との合作でかわいいカードを手作りしてくれました。

別れがつらくなってウルウルくるじゃんか。
こんなものいただいたら。
私がまだ指導を続けたい、名残惜しいと感じていたら、相手側もそう思ってくださるものなんですね。
逆もまた然りですが。
ご縁はこれきりにしたくない、生徒も気に入ってくれている、とは聞いていましたが、ドライな話をしちゃうと社交辞令でそのように言ってくださる家庭も多いんです。
そういう家庭とはだいたい、その後の交流はありません。
カテキョは雇われなので、それが普通のことだと割り切っています。
だけどここまで手間のかかったプレゼントをくださるお母さん。
社交辞令で言ってくれたのではなかったと信じたいです。
すごく嬉しいです。
ありがとうございました。

生徒のお母さんは、今は開業医夫人、元は教師という方です。
私よりも年齢は少しだけ上ですが、ほとんど同世代です。
カテキョは大半が大学生や大学院生で年が若く、しかも男子生徒にあてがわれるのはほぼ男性講師。
今まで雇った数人のカテキョもそうだったとのことで、同世代の女同士ということで私には特に親近感を持ってくださったようです。
「息子が大学合格したら、その後は私もカテキョをやってみたいんですけど、どうやったらなれますか?」みたいなプライベートなお話もよくしてくださいました。
油絵や書道が趣味で基本はインドア派だけど、私がドライブが好きだという話をすると、アウトドアで写真を撮りに行くのも楽しそうだからやってみたい、とか。
人生半ばにして自分の世界を広げようとしている、とても魅力的なお母さんです。

だから私もぜひ、今後も仲良くしたいと思っています。
現在高校1年生の息子さんの様子を見守りつつ、何らかの形で関われたら、こんな嬉しいことはありません。
カテキョ会社的には、そういう交流はやってほしくないでしょうけどね(汗)。

そのためには、旦那だ(爆)。
旦那が変な場所に異動になったら、そんなささやかな約束がパーになってしまうので、あまり遠くへの引っ越しは勘弁。
今の場所にずっといられないのは仕方ないけど、頼むよ旦那。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/326-ab471bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック