らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

広島ミステリーツアーの内容はやはり、WINS広島でした。
有料の指定席を旦那が取ってくれたので、快適ではあったんですが、私は競走よりも馬が好きな競馬ファン。
馬がいない競馬場ははっきり言って退屈でした。
たまに馬券を買ってみたりもしましたが、モニターの馬だけってのはやはり面白くないですね。
こんなんなら家で、テレビやネットで競馬中継観たらええじゃんか!と私などは思うのですが、競馬ファンにはそれなりの考え方があるのでしょう。
珍しくいくらか的中した旦那がご機嫌だったからまあいいか。

ご機嫌な旦那、競馬のあとは電飾に連れてってくれました。
「イルミネーションロードくれ」に今年も行きました!

健在の実物大紫電改。

どうせならコクピットなんかもちゃんと再現して、乗れるようにしてほしい…と思いましたが、そんなことをすると常に誰かが座ってる状態になり、のんびり撮影はできないでしょうね。

「大和」の主描も、去年と同じ位置に。

いちいちこういう戦闘的なものにときめく私、やはりオッサンかも。

ヤマト…もとい、大和発進!

去年は白電球ボディーでしたが、今年は黄色です。
相変わらずかっこええです。

これは去年はなかったですね。

市制110年…結構すごいことですよ。
私の生まれ育った場所などは、市としては存在しなくなってしまったし。
そして私の出身高校はすでに、名前だけ残ってよそと合併移転、出身小学校と中学校はもうすぐ統廃合されます。
母校が、学び舎が、間もなく全滅…せつないのう。

これも間もなくお役御免です。

まあ、清盛は大河ドラマとしては終了するけど、ここ広島県では恒久的なシンボルでもあり、今後も何らかの形でいろいろ残っていくでしょう。

空母赤城です。

飛行機も一応飛んでます。

地元の中学校で作られた電飾もいろいろ。

手作り感溢れる感じがいいですね。
手作り感と縁遠そうな、大和や赤城との対比が何とも。

これは去年はなかったような。

呉市出身の城みちるさんが考案したんでしょうか。
いや、バカにしてるんじゃなく、50歳過ぎて未だに「イルカ」のイメージで語られる城さんって尊敬に値しますよ。
そもそも一発屋ってダメなものじゃなく、縁起のいいものですから。
一発すら出ない人が世の中にはたくさんいるのです。

ここの電飾は毎年、ほぼ同じです。
ちなみに去年の様子
真新しさはあまりないけど、毎年同じものが見られる安心感がありますね。
大和とか紫電改とか、呉らしいモチーフも独特です。
旦那がご機嫌だったお蔭で、私にしてはコテコテのイブらしいイブになりました。
まだまだ電飾の季節は続きますね…それにしても寒いイブでした(汗)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/324-3d50b8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック