らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

松江バス旅行に行ってきました!
日帰りバスツアーに久々の参加でしたが…高齢者が多いツアーにしてはなかなかハードな行程だったじゃんか(笑)。
行く先々で自由時際に行動したい人には完全に不向きですが、予定がバッチリ決まっていて何も考えなくて済むのが好きな人には、こんな楽ちんなことはない、それが日帰りバスツアー。
私としては、自分じゃ絶対に組み込まないであろう行程が混じっているバスツアーなら、それは新しい発見があるから好きですね。
今回も楽しい旅でした。
ただし、当たったから行ったけど、有料だったら悩んだかも(爆)。

ツアーの最初の場所は岡山県総社市の「珠屋」です。

こういう無料バスツアーに当たったことのある人ならご存知でしょうが、必ずと言っていいほど高額な宝石店見学がセットされています。
買う買わないは自由ですよもちろん。
買わないからって罪もないです。
ただし高額な真珠製品の試着が自由自在です。セレブ気分~!

昼食会場は「蒜山高原センター」です。
天気が良かったけどここはめっちゃさぶい!

つららですよ、つらら。
南国育ちの私はこんなもん日常的に見ないので狂喜乱舞。

積雪ですよ、積雪。

南国育ちの私はこんなもん(以下略)。

遠くに見える蒜山にも、雪が積もっています。

ここは岡山県と鳥取県の県境。
同じ中国地方でもこんな場所があるんですよね。
いや、知ってはいたけど、なかなかピンとくる場所に住んでないので。

バスの中からの景色も、非日常的です。

バスの窓を開けられないので、窓に写り込むものもありますが気にしない。

そうこうしていると、大山が見えてきました。

うーん、遠い。遠いしブレる。
残念がっていたら、添乗員さんが大山のいいスポットを教えてくれました。

じゃーん、高速道路から撮影です。

トンネルを抜けたらベストビューなのですぐに撮影してください!との指示に従い、すぐに撮影したらこんな感じに。
伯耆富士と呼ばれるだけあって、さすがの存在感です。
添乗員さん、ありがとうございました。
走るバスの中からにしては、なかなかいいのが撮れました。

次回に続きます。
次回は中国山地を抜け、雪のない日本海側編です。
だんだんとエラー対策にも慣れてきました(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/314-f7403dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック