らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

前回(1~7)のあらすじ
ある国の王子と別の国の少女は、それぞれの夢のお告げにより、それぞれ機関車と馬車に乗って旅に出て、多くの幻想的風景を見ました。

…2行で説明できてしまう単純なストーリー。
でも前回書いたとおり、ストーリーはオマケなので、写真をお楽しみください。

8.聖なる氷の雫

少女を載せた馬車は、滝の前にて行き止まりに。
余談ですが私が今回の電飾の中で最も気に入ったものはこれです。

9.森の妖精たち

滝の向こうは動物たちの森で、少女は動物たちに案内されて先に進みます。

10.メープルワールド

やがて森の景色は鮮やかな紅葉でいっぱいになりました。
これ、広島ならではの電飾ですね。
ちなみにこの電飾の協賛はにしき堂…さすがだ。

11.明日へのセイル

ここで王子と少女は出会い、一緒に船で旅を始めます。

12.スノーホワイト

船が着いたところは氷の世界。
ふたりは寒さに会えながら進んで行きました。
バックにある階段みたいなものには、わかりづらいけどシンデレラの靴が乗っかっていてとてもきれいです。

13.ピースツリー

ふたりの目に緑色に輝く大きな樹が見えてきました。
樹の周りはあたたかく、涙を流すふたりが手を取り合うと、あら不思議。
呪いの魔法をかけられて子供にされていた少女は、たちまち大人の美女へと変身しました。

14.魔法の国

少女は実は、王子の国の隣にある小さな国の王女でした。
そしてふたりは幼馴染でもありました。
再会を喜んだ王子は王女を連れて国へ帰り妃に迎えました。

平和大通り電飾のストーリーはここまでです。
クレド前のツリーや本通りのイルミは車から見ただけでしたが、まだ開催期間があるし、これらもできればゆっくり歩いて見てみたいですね。

さて、王子と王女はめでたく魔法の国に到着しました。
私も魔法の国に行かなくちゃ!

…魔法の国ですかい、これが。
これは最近できた街中のやつじゃなく、オープンして1年の、宇品にあるドン・キホーテ。
MEGAドン・キホーテという大型ロードサイド店舗なので、圧縮陳列の歩きにくさはなく、広々としていて気持ちのいい空間です。
激安の殿堂でしっかりお買い物して、今度こそ帰りました。
魔法の国で日用品を買うのもまた楽しいもので。
だからそれは魔法の国じゃないんだって(汗)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/300-eb694796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック