らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

5時に起きるつもりが起きられず5時20分に青ざめて飛び起きる…という、出鼻をくじかれるアクシデントはありましたが、なんとか実家の父ちゃんを病院まで搬送することができました。
今回は足の手術程度で深刻問題じゃないけど、父ちゃんもやはり高齢だし、今後も入院搬送の機会は何度となくあると思います。
その時はもう、父ちゃんが嫌がっても、前日に泊めてもらおう。
布団なんか揃ってなくてもいいから。
ソファーと座布団さえあったら、それでいいから。

今日は入院手続きと説明のみなので、父ちゃんはまだ点滴の管などに繋がれていず、病院内を自由に動き回っています。
あ、自由なのはいつも同じだった。
とにかく自由な父ちゃん、早速売店でメロンパンを買いこんでました。
そして持参した荷物の中に、大量のミニ醤油とチョコレートが入ってました。
病院食が薄味で量も少なくて物足りないから学習した、とのことですが、そんな学習する入院患者がどこにおるんじゃ。
血圧とか血糖値とか、変な数字が出たらまた怒られるぞ。
知らんぞ。

ちなみに前回の父ちゃん入院記録の詳細は、このブログの「2012年2月」にほぼ毎日のように記録されております。
私も自分で読み返して、今回の入院の参考にしようと思ったんですが…父ちゃんカープファンじゃないくせに、あまりにも破天荒すぎます(汗)。
こんなオッサンの遺伝子を引き継いだのか私は。
実は私、幼少時の父ちゃんの記憶がほとんどないのです。
いや家族旅行とか、遊んでもらった思い出はちゃんとあるんですが、どんなしつけや教育を父ちゃんから受けてきたのか、ってことがあまり思い出せないんです。
よっぽど思い出したくないことばかりだったんでしょうか(笑)。

あ、私と父ちゃんの間柄は、別に悪いわけじゃないですよ。
むしろ良好な部類です。
いろいろ書いてるから誤解してる人もいるかもしれませんが。
ただ、ドラマや漫画で見るような、世の中の父親のイメージって、あるじゃないですか。
あとは私の職業上、生徒のお父さんともよく接する機会があるわけで。
そういうのとえらくかけ離れてるなと思うことが、他の人よりは確実に多いんですね。
父親の威厳を保つよりは、マイペースを優先する、そんな感じです。

生前の母ちゃんがよく言っていたことには
「お父さんみたいな人を旦那さんにしなさい。楽だから。」
…一理ある(爆)。
マイペースに振り回されることは多そうだけど、扱い自体は簡単そうです。
破天荒にも法則があるのかもしれません。

明日は父ちゃん手術です。
今日ほどじゃないけど、早起きしなきゃなりません。
病院ってとこはとにかく「待ち」が長くて困ります。
何か本でも持って行っとかないと。
パズル雑誌とかあったら便利かな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/253-0d8abc23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック