らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

明日の朝は5時起きです。
6時に家を出て生口島の実家に帰り、実家で父ちゃんを拾って、尾道の病院に搬送します。
そのまま父ちゃんは、明後日の手術に備えて病院に入ります。
手術後は集中リハビリのため、1か月弱の入院生活が待っています。

それはともかく。
またしても短時間で、高額なしまなみ海道を往復せねばなりません。
父ちゃん、こき使ってくれます。
私、5時起きなんてイヤだったので、前日(つまり今日です)に実家に帰るから泊めてほしいって言ったんですよ。
そしたらダメって言うじゃないですか。
長期不在にする直前に、布団の準備とか食事の片づけとか面倒だから当日来い、と。
父ちゃんどんだけ自由なんだって思いましたですよ。
こういう時、母ちゃんが生きててくれたら、と考えちゃいますね。
少なくとも母ちゃんなら、実家に帰るのを阻止するようなことは言わんだろうと。

まあ、たかが入院の送迎を、橋を3つ渡らないと実家に行けないような身内に頼むしかない父ちゃんが、一番大変なんだろうけど…。
生口島には父ちゃんの兄弟とか友達とか、いないわけじゃないんですよ。
だけど実の娘がやっぱり頼みやすいんでしょうね。
父ちゃんは5人兄弟で全員が生口島に住んでるけど、配偶者がいなくなったのは父ちゃんだけなので、余計に頼みづらいのでしょう。
当然、入院中の身の回りのお世話など、大半が私ひとりの仕事になります。
10月からやる予定だったカテキョが一旦流れちゃったのが幸いというか(汗)。
それより、9月に旦那の異動がなかったのがものすごい幸いだった(爆)。

父ちゃんが重病などじゃなく、膝に人口軟骨入れる手術をする程度だから、こうやって愚痴をたれる余裕があるのだ、と思っていただければ幸いです。
もし余命いくばくもない重病であるなら、さすがの私とて、文句ひとつ言わずに無償の愛と奉仕を父ちゃんに注ぐことでしょう(自分で書いてて恥ずかしくなってきた)。
生き死ににかかわるような状態ではないから、愚痴も不満も言えるのです。
そして、また入院期間中に生じるであろう数々の「武勇伝」をひそかに楽しみにしていたりします。
前回の入院では、医師や看護師から目をつけられるほど、規則という規則を守らなかった天然アウトローの父ちゃん。
守らなかったというよりは、規則を激しく自由解釈したため問題が起こった、というべきか。

あんまり病院に迷惑かけない範囲で、のんびりと治療して退院しましょうね父ちゃん。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/252-6414ab5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック