らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

相変わらずじんましんの名残はありますが、カイカイはかなりおさまったみたいです。
ただ、なるべく掻かないようにしていたとはいえ、夜中に知らない間にいっぱい掻きむしっていたと思われあちこちに出血の痕や赤くなった箇所があり、それらが消えないと見た目にはまるでハシカの人です。
ハシカの抗体はちょっと前に入れたから、その点はかなり安心。

そんな中、今日はちょっと涼しいと思った私、先日書いていた「秋の味覚」を仕入れてまいりました!
その前に、せっかく世羅に行くんだからお花畑も見たいと思い、サルビア&ケイトウの丘に行ってきたのです。

場所は「世羅ゆり園」です。

もう少ししたらゆりの祭も開催されますが、違う目的で一足早くの入場。

展望台を目指して、サルビアに囲まれながら歩きます。

紫色のは勿忘草です。

坂の途中で見下ろすと、美しい花絵が!

分かりづらいけど広島の木である「もみじ」と、宮島の「大鳥居」と、大河ドラマ「平清盛」の文字がケイトウで描かれています。

展望台の最上部より。

ここで初めて、サルビアの方の絵はトランプであったと分かります。
ちょっと遠かったけど、雷が鳴る中、歩いてよかったです。

雷が鳴る中…雲は黒くなり遠くでは稲光と重低音が響きます。

展望台からは中国山地が見渡せるとのことでしたが、この不気味さはなんなんだ。

もうすぐゆり祭が開催されるビニールハウスでは、現在はブドウが成っています。

このブドウは持ち帰りはできませんが、入場料のみで時間制限なしの取り放題、食べ放題なのです。
お子様連れにぜひおすすめ。
私は旦那と2人でお子様連れじゃないですが、ビニールハウスに入った途端ものすごいゲリラ雷雨が来てしまい、結果的に雨をしのげるブドウ園に長時間居座ってたっぷりいただいてしまいました…ごちそうさまでした。
こっちの方が甘いよ、などと雨宿りの清掃員さんが教えてくれたりして。

雨は通り雨のごとく間もなく去ったので、駐車場には走って行かずに済みました…旦那は心配して「雨がひどくなったらまずい、ダッシュせんといけん!」とか言ってましたけど、私という人間をまだわかっていないらしい(笑)。
私は降雨確率70%くらいなら、曇りにできる晴れ女なのです。

すっかり雨がやみ、雲の切れ間に光が射す「世羅幸水農園」

ここで秋の味覚「幸水梨」を買い、本日の目的達成。

幸水梨です!ウマ~~。

これ買う時に「1盛1000円」と手書きで書いてある札を確認しました。
それと「14」という数字も書いてあり、私はてっきり1盛14個入りなんだと思い込んでしまい、ずいぶん安いじゃないかと喜んだんですが…。
袋に入れられた梨は7個しかありません。
私、足りないって文句言ってしまいました。
あとから「14」は梨の数ではなく、糖度14だったと気づき、店員さんに笑われて赤面です。
段ボールの裏紙にマジックで手書きの、田舎の直売所ならではの手作り感溢れる全ての文字は大変読みづらく、私だけが悪いんじゃない…と思いたい(汗)。

でも、帰宅して見てみたら、梨は7個じゃなく10個入ってました。
店員さんありがとう。
恥ずかしかったし、お情けだと思いますが、ありがとう。
あの店員さん、私が去った後、ツイッターにアップしてたりして。
「アホな客来店なう」とか。
「アホすぎてオマケしちゃったなう」とか…ごめんなさい。
10個で1000円でも十分安い、おいしい梨でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/222-125f5cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック