FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

東尋坊の続きです。
永平寺に到着しました。

永平寺も東尋坊と並ぶ、福井県の定番観光地です。
実は、私の実家は曹洞宗で、永平寺は総本山です。
それで亡きばあちゃんが、永平寺には生きている間に必ず行くように、と常に言っていたんですが、やっとそれが果たされることになりました。
もっとも現在は浄土真宗の家に嫁いだ私、様式とか全然違うんですけど(汗)。
まあ、観光地として厳かですばらしいお寺だったから、行ってよかったかなと。

それともうひとつ。
永平寺の場所は、福井県吉田郡永平寺町。
これは、元推しメン・齊藤悠葵さんのご実家がある場所なのです。
だからってご実家の場所は知らないし、知ってても押し掛けるわけにはいかないし。
少年時代の彼が過ごした場所の空気を吸わせてもらった、それだけで感無量ですよ。
すごくいいところでしたし。

前置きが長くなりました。
東尋坊から移動したばかりで昼食がまだだったので、永平寺そばを食べることに。
20180830
「一休」です。

そばが来ました!
20180830
歯ごたえ重視の中国地方のそばと違い、ちょっと柔らかいです。
それでいて弾力はしっかりあり、もちもちつるつるとしてめっちゃおいしかったです。

この「一休」も、ばあちゃんのおすすめのそば屋だったのです。
店の名前までは聞いてなかったけど、永平寺のバス停すぐ横にあるそば屋というのはずっと聞かされていて、すごくおいしいから永平寺に行ったら食べとくように!と言われていました。
バス停の横にはこの店しかなかったからすぐわかりました。
ばあちゃんの言ったとおり、本当においしかったのでした。

おいしいそばをいただき、参道を歩いてお寺に向かいます。
20180830
暑い日でしたが、観光客の数はそこそこいました。

案内はあちこちにあるので、迷うことはありません。
20180830
総本山、って感じですね。

杉の木立と苔が風流です。
20180830
季節的に、苔はちょっと乾燥気味ですが(汗)。

日差しがきつい日でしたが、その分、木漏れ日がくっきりと見えます。
20180830
いよいよ中に入っていきますよ。

撮影禁止の場所が多いのが難点ですが、まあ、寺ですから。
20180830
禅や写経の体験もできるようですね。

室内からの撮影です。
20180830
ここからは外に出られないようになっています。

すごく広い境内なんですが、立入禁止の場所が意外と多く、結構早く観て回れました。
20180830
とはいえ、階段と坂道が多いので、足腰丈夫じゃないと厳しいかも。

出口まで来ました。
20180830
一般参拝者には出口だけど、修行や禅の方々には入口かもしれない場所ですね。

永平寺は、信仰と修行と観光のバランスがとてもいい、そんな印象を受けました。
お寺や神社ってどれかに偏りがちで、偏っていたら敷居が高かったり興ざめだったりするものですよね。
そういうのが全然なかったです。
普通に修行僧が歩いていたりするのも、なんとも雰囲気が独特でよかったです。

続きます。

おまけ、今日…じゃない昨日のリアル。
20180829
友人Fさんと、宗方コーチの店で飲んだり歌ったりしてきました。
相変わらず、ちょっとキザで優しいコーチでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/2031-9ddbb5be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック