らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

和歌山旅とは別の、バスツアー記録です。
行き先が神戸なので、和歌山旅の締めくくりとかぶってしまいますが、もちろん全く同じというわけではないのでそれなりに楽しんできました。
一応、記録として残しておこうと思います。

朝7時、福山駅北口に集合して、続々とバスに乗り込みます。
今回のバスは鮮やか緑が際立つこれです。
20180302
待ち合わせで絶対迷わないですね、これなら。

しかし、なぜ関門海峡?
それでいて広島ナンバー?
添乗員は関西弁で行き先は神戸?
…いろいろ、カオスなバスツアーのようですがまあいいか。

最初に着いたのは、お約束の宝石屋。
20180302
ここでの見学時間はやたら長くて退屈ですが、宝石屋がスポンサーだから我慢しないと。

いえいえ、我慢というほどでもないです。
何十万円もする宝石を試着し放題だし、ジュエリーベストドレッサー賞の上戸彩さんや菜々緒さんと同じ宝石もつけさせてもらったし、体操選手の内村航平さん愛用の遠赤外線ネックレスもつけさせてもらったし。
「どんなにすすめられても絶対に買わない!」という、強い意志のもとで臨まないといけませんが。
それでも何人か、高い宝石を買ってましたね。
売りつけられたのじゃなく自分の気持ちで買ったのならいいけど。

宝石見学の後は、メインイベントのランチタイムです。
20180302
北野異人館の近くにある「萬寿殿」で、中華料理のコースをいただきました。
かなり本格的なコースで、これを食べられただけでも参加の価値はあったかも。

食後はフリータイムで、異人館を自由散策…とはいえ、1時間弱しか時間を取ってくれていません。
異人館はたくさんあるのに、そんな短かったらひとつもゆっくり入れないです。
こうなると宝石屋で取られた時間が惜しい…けど仕方がない。
幸い、バスで隣同士になった同世代のぼっち女性と仲良くなったので、一緒に外観だけ見て回ることにしました。

外観だけ見るなら「風見鶏」と「うろこの家」くらいでええわ。
ということで、花より団子です。
いや、ソフトクリームです。
20180302
六甲牧場のピスタチオミックスです。
濃くて美味しいですよ!

風見鶏の館は、一応近づいて写真を撮ることができました。
20180302
観光客の数は、そこそこいます。

鉄格子が邪魔くさいうろこの家。
20180302
入場料を払わないと、敷地に入ることさえ許されない厳重警備が風情を半減させます。
しかし1000円強の入場料を払って入るには時間は少なすぎ…鉄格子で我慢です。

写真撮って、バスのところまで戻って、時間はギリギリです。
異人館は私は何度か来てるからいいけど、初めての訪問者なら明らかに時間不足です。

次の自由行動は、南京町にて。
20180302
ここも1時間弱しかくれなかったという…足りんがな。

1時間弱というのはあらかじめわかっていたことです。
だから私、南京町はざっと歩いて、1週間前に行った「観音屋」で、ひとりでまたチーズケーキをリピートしようと事前に考えていました。
そのことを、一緒に回ろうと言ってくれたぼっち女性に言いましたら、彼女もケーキをぜひ食べてみたいから連れて行って、ということで、思いがけず一緒に観音屋に行くことに。
まあ、1時間弱じゃなんもできませんよね。
それなら気に入った店で美味しいもの食べるのがよかろうかと、彼女も思ったんでしょうね。

彼女、すごく喜んでくれました。
いい店を教えてくれてありがとう、と。
デンマークチーズケーキをたいそう気に入り、家族にお持ち帰り用を何個か買っていました。
家族が気に入ったらお取り寄せもするそうです。
こういうの、ちょっと嬉しいですね。
私が気に入っているものを、おすすめした人も気に入ってくれるなんて。

食べ終わると、南京町で少しお土産を買い、大急ぎでバスに乗り込み、神戸旅は終了です。
あとはバスでひたすら高速道路を走るだけ(トイレ休憩くらいはありますよ)。
のんびりゆっくりの旅ではなかったけど、美味しい食事ができたことと友達ができたこと、それらが今回の収穫ですね。
ぼっち女性とはLINEの交換をしたので、これからも連絡を取ろうと思います。

今度こそ、旅日記は終了です。
明日からこれまで通り、日常のくだらんことを述べ続けるかと。
旅日記もくだらんかもしれんけど。
ああだけど読む人がいないならくだらんもくそもなく。

だんだん自虐的になってきました(汗)。
今、日常、結構余裕ですよ。
高3いなくなってかなり時間が空きましたし。
あとは雪がなくなったら、住民票のある上下町に行かなきゃ。
1月2月と全然行かずについに3月…長期家出もたいがいにせえよ(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1899-4b04c469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック