FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

高野山の次です。

山奥まで来たので、どこかダムに行けないかと思い、ダムナビを使って検索しました。
しかしどうも近くにはダムはないようで、最寄のダムに行くには奈良県まで越境するしかなく。
まあ、中国地方と違って近畿圏はだだっ広くはないから何とかなるでしょう。

甘かったのでした。
確かに、距離的にはそんなにきつくはないです。
でも山地の道路のややこしさを考慮してなかったです。
中国山地はそこまで険しい道はあんまりないけど、紀伊山地は…絶対に離合できない道がウネウネ(汗)。
対向車が来たらどーすんのこれ。
崖っぷち道路で、数百メートルの鬼バックが必至じゃんか。

幸い、対向車は全く来ませんでした。
だけど周辺の景色を堪能する余裕はありません。
途中できれいな滝が完全に凍っている様子などが見えましたが、ゆっくり味わう余裕はナシ。
ましてや車を停めて撮影する場所は皆無。
そんな思いをしてまでなぜ向かうのか。
という疑問が何度も湧きますが、ダムが私を待つのです(爆)。

しかもようやく着いたダムは無人のちっさいダムでした。
20180225
普通は、禁漁の看板なんか撮らないですよ。
だけど、ダムの名前が書かれたものがこれしかないという。
「黒渕ダム」です。

紀ノ川水系の電源開発ダムです。
20180225
当たり前ですが、他に誰も来てません…。

堤体は立ち入り禁止になっているので、遠くからです。
20180225
対岸は管理事務所だと思いますが、ダムカード配布はありません。

意外と水はきれいです。
20180225
上流に別の「猿谷ダム」というのがあり、清流バイパスできれいな水だけがここに来ているそうです。
濁った水は発電で使われます。

小さいけど、たたずまいはとても立派ですね。
20180225
すぐ下流には普通に家が建っているのがびっくりです。

上流の猿谷ダムにも行ってみたかったけど、旦那がすっかり車酔いをしていたし(笑)、これ以上険しい道を走る気力もなかったので止めました。
まあ、旅先でひとつはダムに行く、という目的が果たせたからいいか。
観光リストにダムを加えるのはあまり一般的じゃないですし。
でもいつかは、ダムしか行かないダム行脚をしてみたいものですね。
世の中のダムが全部、行きやすい場所だったらいいんですけど、大半がその逆だから難しいかと。
目標も道路も険しいのは間違いない(爆)。

続きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1895-4eb2dd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック