らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨夜は旦那が泊まりに来ておりまして。
上下町は寒いので、最近多いですね。
で、今日は旦那は休日なので、朝から出かけないかと誘われました。
私は夕方から仕事ですが、朝と昼は空いています。

旦那の車はまだ買ったばかりで、スタッドレスタイヤは新品そのもの。
だったら、ノーマルタイヤ装着の私の車では行けない、雪山の温泉に行きたいじゃないか。
すでに雪山で暮らしている旦那は嬉しくないかもしれんけど、温泉には行きたかったらしく、行くことになりました。

広島県の北方面へと向かいますが…。
20180205
寒波が来てるとは言え、すごいですね、これ。
マジで同じ県だとは思えませんが、上下町もこれに近い感じだそうな。

温泉に着きました!
20180205
三次市の北のはずれにある「君田温泉」です。

併設の道の駅も雪まみれ。
20180205
寒いので、扉の大半が開放厳禁になっていますが、一応営業中です。

併設の美術館です。
20180205
ここには入ってないので、営業してたかどうかは不明です。

雪の中で嬉しそうに写真を撮りまくっていたら、地元の民から変な目で見られたので、しかも寒くなってきたので、温泉に入ることにしました。

私は、雪の中で露天風呂に入るのが初めてでした。
それでかねてからやってみたかったことを実行することにしました。
それは
●全裸の素足で積雪の上を歩く
●全裸で雪だるまを作る
なんかもう、実にくだらんミッションではあります(汗)。
でも、瀬戸内海の温暖な島育ちで雪が珍しい私にとって、普段はハードルが高すぎるミッションでもあります。
それにたとえ雪国暮らしであっても、全裸で行う機会はめったにないんじゃないかと。

ああ、風呂の中は撮影禁止なのでお見せできませんが。
どちらもバッチリ実行できました。
ミッションコンプリートです…感無量です。
パウダースノーの上にくっきりと、素足の足跡をつけさせていただきました。
かつてないほどの大きめの雪だるまを作って、露天風呂の岩の上に飾らせていただきました。
全裸なので激寒で、入浴中の人からは、到着時の写真撮影時よりも変な目で見られたと思いますが、私は何とか思いを達成したのでした。

特に大きめの雪だるまは、ちょっと時間もかかりましたね。
やめときゃいいのに、オラフみたいな形にしようと頑張りましたね。
エルサと一緒に雪だるまを作って遊んでいたアナは、こんな楽しい気持ちだったんだろうと。
ええ、わかってます、いい歳した大人のやることじゃないのです。
だけどいい歳した大人になるまで、こんな楽しい機会に恵まれなかったのです。
子供の頃には雪なんかほとんど見たことがなく、ましてや積雪なんて激レアでしたから。

そして、仕事の前にはしゃぎすぎたことを反省しました。
仕事がですね、すっげー眠かったのです。
これ、遊びすぎだから、じゃないですよね。
温泉効果ですよね…そう思いたい。
まあ、眠かったのは事実ですが、極端に疲労した感じではなく、それも温泉効果だったと思いますゆえ。

真冬の温泉、体も心も温まるし、露天風呂なら雪遊びもできるのがいいですね。
全裸状態での雪遊び、危険も伴いますが、これも温泉限定の遊びです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1881-d2e98700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック