FC2ブログ

らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

先日の「変なオッサン」がマッチングした、7人目の生徒を指導するため、三原に行きました。

なんとポポロから消えていた三原城の電飾は、駅前に移動していました。
20180123
駅前広場の「かき小屋」の前です。
もうクリスマス終わったのに、何を今更電飾なんだ。

ああ、そうか、間もなくこれがあるのか。
20180123
山陽に春を告げるだるま市こと「三原神明市」がもうすぐなのですね。
まだ年が明けたばかりだと思ってたのに、早いですね~。

だるまは縁起物ですが、三原ではタコも立派な縁起物です。
20180123
駅構内に、ラッキー神社なるものができていました。

もちろんニセ神社ですが、お賽銭も投げられるし、鳥居もあるし、絵馬も売っています。
特にタコを英名にしたオクトパスのダジャレ「置くとパス」と呼ばれるかわいらしい置きダコは、受験生に大人気です。
神頼みだけでは合格しませんが、こうやって町全体で受験生の応援をする雰囲気は嫌いじゃないので、もっと盛り上がってほしいですね。

さて、今日初めて出会った、7人目の生徒ですが…。
なんと共通の知人がいることが判明しました。
3年前、私がまだ三原在住だった頃に指導していた、竹原サッカー少年の同級生男子でした。
しかも、中学生の頃から竹原サッカー少年と同じサッカーチームに所属し、同じ高校に進み、チームメイトとして切磋琢磨したかなり濃い間柄の同級生です…びっくりです。

あまりにも懐かしく、指導をしながら「共通の話題」がすすんでしまいました。
その生徒はサッカー少年のお母さんにも、チームへの送迎でお世話になりよく知っているとのことでした。
この偶然がなんか嬉しくて、私、お母さんに久々にLINEしちゃったのでした。
そしたらすぐに返信が来て、近況などが書いてあり、現在高3になったサッカー少年は、すでにサッカー推薦で行く大学が決まっているとのこと…この事実もとても嬉しかったです。
そして、3年前はヤンチャな保育園児だった弟くんも小学生になり、この子が受験の頃に私の家がもし近いようなら指導をぜひ!とお願いまでされてありがたいことです。

世の中、悪いことばかりじゃないですね。
私を強引に7人持ち状態にし、8人目まであてがおうとした極悪マッチングのオッサンを最初は恨んでいましたが、間接的とはいえ嬉しい再会をもたらしていただきました。
二度とよこすなとか苦情もどきを言ってしまいすまんかったのオッサン。
ちょっとだけ感謝してやるよオッサン…でも教育理念は大事ですよオッサン。

まあ、私、いろいろ住所変わってますが、三原には5年半いましたからね。
知らない間に知らないところで、ご縁はできているんだなと。
その場その場での新しい友達は積極的には作ってきませんでしたが、不思議なことに三原で知り合って友達になった人は多いです。
鬼門だと思っていた三原は、実は福門だった、ということでしょうか。

今住んでいる府中は…どうかな~。
新しい友達はいないですが、昔働いていた場所なので、古い友達なら多いし、まあいいや。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1869-a4e78ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック