らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

旦那の実家、無事に行って、宿泊もできました。
旦那と私、末弟夫妻には、それぞれ泊まる部屋が用意されていたので。
真ん中の弟は独身なので、義両親の部屋でいいだろうということになったようで。
Nくん、ごめんよ。
早く嫁さん貰いなよ…要らん世話ですが。

で、親に顔を見せる目的で実家には行きましたが、やることがありません(汗)。
自分の実家なら暇を持て余しても、ゲームか読書でもしていたらいいんですが、旦那の実家ではそういうのは無理。
だったら義親や義兄弟と語り合えばいいんですが、我々が実家に到着するなり、みんなそれぞれ出かけてしまいました。
この実家では、顔さえ見せれば、あとは好き勝手状態です。

よし、年も改まったんだし、することないし、初詣に行こう!
旦那の実家の近くにある、天別豊姫神社です。
20180103
ここに来るのは確か2回目ですが…。

ここ、石段がめっちゃ怖いのです。
20180103
結構急な石段が、この写真の倍のサイズあります。

私、石段って苦手なんですね。
特に下りが。
石によって段差が違うし、苔とか葉っぱとか乗っかってるし、滑って落っこちそうになるんですよ。
特にこんな長い長い石段だと、最上部から落ちたら間違いなく重傷を負います。
気をつければ大丈夫かもしれませんが、ほんの数段であっても落ちれば縁起が悪いし痛いです。
特に今の職業に就いてから、入試のシーズンには極力、長い石段の神社は避けています。
しかし、旦那の実家の最寄り神社はここなので、ここに来るしかなく。

真ん中まで上ってきました。
20180103
疲れ果てて、ここで引き返す人も多いです。
御守やおみくじは下で売られているので、お参り的には問題はないと思います。

赤い鳥居があります。
20180103
眺望は…個人的にはイマイチ(汗)。

一応、途中で引き返さずに、頂上まで来ました!
20180103
境内を拝みますが…案外ショボいのです。
そんなこと言ったら罰当たりですかね。
でも、真面目に拝んできました。

そして、気を引き締めて、怖い下りの石段を歩いていきます。
上りで足の筋肉を使いすぎると、下りで膝が大爆笑してさらに怖いことになるので、上りはゆっくりと慎重に上ったけどそれでも怖いです。
手すりを持ちながら、なんとか下山しました。

おみくじは、吉でした。
20180103
割といいことが述べられていますが、引越ししろって書いてある(汗)。

引越しなら、去年、2回もやったし。
もう引越しイヤだし。
神は私に何を与え給うとしておられるのか。
私ってそもそも、そういう運命なのか。

そういう運命と言えば。
やっぱり元旦に来た年賀状は、かーなーりー少なかったです。
今回は、因島や三原に送られて転送シール貼られたやつは、府中町じゃなく上下町にいったん届きます。
そのあとで私の元に届くので、めっちゃ遠回りすることになり、元旦には間に合わないですよね。
中にはシール二重に貼られてるのに元旦に届いたものもありましたが…そんなに早く準備するほどマメな人が、なにゆえうちの住所変更はしてくれないのか非常に謎です。

引越しの習慣がない人には、そういうのピンとこないんでしょうね。
引越しの習慣があるってのも常識的ではないんですけど(爆)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1851-e75cc7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック