らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今月の初旬に、ずっと前に予告していた「健康診断」を受けました。
それがもう笑えるほどガッチガチになってしまいまして。
理由は、針を刺すのが怖い!という、いい年してアホかいと思うような理由でした。
ガッチガチの結果、ありえないほど血圧が高く測定されてしまい、即入院しろとか言われたんですね。
でも、緊張のあまり高くなっていることを恥ずかしながら告げ、測り直したら正常でした…やれやれ。

世間では「白衣高血圧」と言うらしいです。
病院での緊張のあまり、普段は正常な血圧が急上昇するという体質だそうな。
そんな言葉、あるのか。
てことは、私みたいな人、結構いるんだ…ちょっと安心。

などと安心してる場合じゃなくて。
実は検査の結果、血糖値が高いと言われたんですね。
ああ、普段から食ってばかりのツケがついに来たのか…と、覚悟を決めたんですが。
食ってばかりでも高血糖になる人と、全くならない人がいるそうです。
特に私のように、飲酒も喫煙もしない人が高血糖の場合、原因はほぼ「遺伝」だとか。

遺伝か…やはりあの人のせいでありましたか。
あの人とは、父ちゃんです。
父ちゃんはもうかなり長いこと、糖尿病を患っています。
両足の手術の際、病院の食事以外におやつをつまんでいたため、血糖値が上がりすぎて傷の治りが遅くなり、よく看護師さんに怒られてました。
というようなことは何年か前、ブログに毎日、笑いのネタのように書いていた時期がありました。

ネタにしてる余裕はすでにないと思い、取り急ぎ、その日から1か月弱、改善に取り組みました。
年末にまた採血して結果を見る、と医師に言われて怖くなったからです。
もし改善しなかったら、今後改善するまで、毎月のようにあの恐ろしい針を刺すのかと思うと、毎月ストレスになります。
おいおいそんな理由かい。
そんな理由でもええのです。
高血糖そのものより、針が怖いという動機付けで十分なのです。

この1か月弱、糖質が多いと言われるごはんやパンや麺をほとんど食べませんでした。
打ち合わせの外食やお付き合いの時は食べたけど、自宅では炊飯器が全く稼働していません。
また、家での食事の際には必ず、山盛りのキャベツか大根の千切りを食べてから、肉や魚などを食べるという順序を厳守しました。
甘いものが欲しい時は、おやつとして食べるのではなく、食事の延長として少しだけ食べる、これも厳守しました。
そして自分の好物はみんなえらく糖質が多いんだと改めて認識したものでした(汗)。
糖質が少ないと言われるチーズやナッツはおやつとして重宝しました…かなり食べたかも。

その結果。
今日、採血されたんですが、めっちゃ血糖値下がっててドヤ顔になっちゃいました。
やればできるじゃん私。
針への怖さだけで、こんなにストイックになれるんじゃん私…ちょっと情けないか。
ただ、遺伝的要因で高血糖の時期があったことは事実なので、油断はしてはいけないそうです。
ストイックは多少ゆるくして、正月気分でごちそうは食べてもいいけど、心がけとしては今まで通り…ということですね。

まあいいや。
糖質さえ摂らなければ、他のものは大半、制限しなくてもいいことが分かりました。
脂っこい肉や魚もたくさん食べられました。
たくさん食べたのに、ウエストサイズは確実に減りました…これは思わぬ収穫でしたね。
なんか、身を持って学習するとはこのことかと、初めて実感した気がします。

そんな自分に、ご褒美です。
約1か月ぶりの、まともな白いごはんです!
20171228
ガストの高原ポークのバジルトマトソース(正式名称はもっと長くて忘れた)のセットです。

あ、でも、ごはんは一応少なめにしてもらいましたよ。
少なめだと20円引きです。
少なめでも割引なしだったら、通常量を食べたかも(笑)。
いや、まあ、病気になって薬漬けになったらもっとお金がかかるので、20円くらいの割引がどうこう言う方が非合理的ではあるんですけど。

これからは少しずつ、自宅の炊飯器にも仕事させたいと思います。
熱々ごはんに明太子とか、漬物とか、海苔とか…ああ、お腹が減ってきた。
だからってごはんで満腹にしたらもちろんいけないんですけどね。
健康第一で、いろいろ考えて、食を楽しみたいものですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1848-c5e473bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック