らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

きょうこは あたらしいいえをてにいれた!
きょうこは こんらんしている!
きょうこは うれしそうに こっちをみている!

…はい、もう、ここまで来るのは長かったです。
過ぎてみれば一瞬とはいえ、移転先が設備不良の建造物と知ってから約2か月の辛抱、長かったです。
やっと府中市中心部の賃貸住宅を契約することができました。
本格的な引越しは大掛かりで、もう少し先になりますが、とりあえず落ち着けそうな場所を確保し、安心しています。

シャワーがないボロ屋に簡易シャワーを取り付けたのはよかったけど、工事して付けたわけじゃないものなので、いかんせんパワーがないです。
水圧が弱いうえ、7分以上の連続使用ができず、ロングヘアの洗髪には全く適さず。
ないよりはマシ、その程度なので、隔日で温泉通いをしました。
無理やりリゾート気分になることで自分をごまかしていました。

そんな前時代的環境から!
新居には、こんなものまであるのです。
20170509
洗面台にシャワーがあります…これは使うんだろうか。
入浴してもシャンプーできない家だったのが、入浴不要でシャンプー可能になりました。

トイレにもシャワーがついています。
20170509
シャワー付きトイレのある家に住むのは、初めてではありません。
しかし上下町の仮住まいは和式ボットントイレですから、なんかいきなりの未来式になりました。

そして…。
一番の感動はやっぱこれでしょ。
20170509
風呂にシャワー。
ウルウルです。

いえ、今どき、こんなの当たり前です。
むしろ上2枚のシャワー洗面台とシャワートイレの方が、よっぽど普及率は低いでしょう。
それでも私が一番感動したのは、風呂にシャワー。
当たり前のものが当たり前に存在する、なんと嬉しいことでしょう。

私が子供の頃にいた家にもシャワーはなかったですが、それはいわゆる五右衛門風呂で、風呂釜が大きく、不便でも風情がありました。
ガスの風呂にシャワーがなく、風呂釜も小さいとなると、もう今どきの設備じゃありません。
現在は、狭いアパートの狭いユニットバスで風呂釜が狭くてもシャワーはある、というのが主流のはずです。
贅沢を言えばキリがないのはわかってますが、シャワーの存在がとにかく嬉しいのです。

まだ新居には、家具は何もありません。
家電もなく、あるのは野球中継を聴くためのポケットラジオのみ。
荷物運びはこれからです。
でも、タオルやシャンプーやリンスや石けん、ドライヤーなどの風呂道具だけは一式運び込み、入居して最初にやったことはまさに「入浴」でした!

シャワーで思いっきりロングヘアを洗った後、ラジオでナイターを聴きながら、何もない部屋でくつろぐ幸せをかみしめました。
銭湯だと急いで服を着て急いで髪を乾かして、さっさとロッカーを明け渡すので、入浴中以外は実はあんまりくつろげませんでした。
カープは延長の末負けたので脱力しましたけど(泣)。
そしてまだ寝具がないので、くつろいだ後は上下町に戻りましたけど。
しばらく寝泊りは上下町が主になると思いますが、隔日の銭湯通いはもうせんでもよくなりました。

これからも、忙しいです。
荷物の移動はおいおいやるとして、ネットの引越しの移行期間、またブログは更新できなくなると思います。
まあ、今度は山奥の田舎じゃないんで、そんなに時間はかからないと思いますが。
そしてやっと移転通知のハガキを、友人や親族に出せます。
仕事も探さないと…いろいろお金がかかりましたし、二重生活となると今後もかかりますから。

ということで。
なんか絶望的に突入した春ですが、初夏の前に絶望が終了したことを宣言…してもよさげです。
ご心配くださった皆様、お世話になった皆様、ありがとうございます。
私も近々もう1回、引越しそばで祝おうと思います(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1658-bb2ef4bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック