らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨日書きましたとおり、現在、隔日で温泉に行っています。
自宅でシャワーがままならないからです…さすが築60年の社宅です。
自分の年齢よりも古い建物で暮らすとか、おそらく生まれた時以来ですよ私。
結婚17年で7回の引越しをした私、生まれてから以降の引越し回数を足すと25回くらいになるでしょうか。
その中には新築という物件が3か所ありましたね。
めぐりめぐって今、歴史的建造物に居住してるわけですが。

ああ、思わず遠い目になってしまいますがそれは置いといて。

温泉は、毎回違うところに行くようにしています。
一番近いのは現在「せら温泉」ですが、ここだけは2回行きましたかね。
もっと近くに「矢野温泉」てのがあったんですが、今年に入ってすぐに営業休止したらしく、再開は未定だそうです。

今日は、口コミ情報を見てぜひ行ってみたかったところに行ってみました。

途中の道の駅には、こいのぼりがありました。
20170418
ここにも温泉施設はあるんですが、今回はここじゃなく。

こちらです。
20170418
「たかの温泉 神之瀬の湯」です。
庄原市の最北部・高野町にあります。
通行無料のやまなみ街道を使えばかなり速く行けるようになりました。

ここは地元出身の漫画家、瀬尾公治さんが漫画の中で描いています。
20170418
青大くんと柚希ちゃんのPOPが玄関に飾られています。
「君のいる町」はアニメにもなりましたね。
庄原市が舞台です。

この温泉は小さい施設で、内湯と露天風呂の2種類があるだけです。
ジェットバスやサウナなどはありません。
でも、お湯の質が最高でした。
ちょっとヌルヌルして肌にまとわりつく感じが気持ちいいのです。
価格はシャンプーとリンスとボディーソープが備え付けで、入浴税込みの350円。
リーズナブルでいいですね。
近かったら常連になりたいです。
せら温泉は近いけど800円するから…。

化粧水の備え付けはないと聞いていたので持参したんですが、必要がないほど肌がツヤツヤになりました。
しかも、ほぼ貸し切りでした。
最後の方で地元の人らしき女性が入ってきたけど、鍵付きロッカーすら使用せず、慣れた手つきでむき出しのかごの中に荷物を放り込んでおられました…きっと常連さんですね。

湯上り後、ポカリスエットを飲みながらしばし休憩所でカープ観戦。
20170418
アツくん、人生初のサヨナラヒットおめでとう。
彼、泣いてましたね…いいシーンですね~。

夕方に行ったのに、帰り際にはすっかり夜になってました。
20170418
温泉の外観はこんな感じです。

漫画に出てきた外観と、ほぼ同じですね。
20170418
施設の中の様子も、漫画やアニメには出てきていて、さすがの再現度でした。

わざわざ遠くまで出かけた甲斐のある、素敵な温泉でした。
カープも勝って、いい締めくくりでもありました。
だからってこんな生活に浸っていてはいけないので、現実も見ながら前向きに過ごしましょう。
次回の本格的な引越しはGW明け、くらいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1639-052e7f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック