らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

あかねちゃんの学年末テスト対策が終わりました。
お疲れ様です。
提出用の課題はなんとか全部できたし、内申点にあまり影響のないテストではあるけど、このまま入試対策に突入するし油断せずに頑張ってほしいですね!

最近、手作りアクセサリーにハマっているあかねちゃん。
自作のブレスレットを見せてくれました。
20170124
かわいくてよくできています…てか、こんなの作る暇あったら勉強やれ(笑)。

まあ、あまり厳しいことは申せませんね。
試験勉強中は、試験勉強と関係ないことをしたくてたまらない時期なのです。
漫画を一気読みしたり、普段はあまりやらないのに部屋の掃除や模様替えをしたり。
私も学生時代はそうだったし、今もそうですね。
資格試験の直前や引越しの直前、時間がなんぼあっても足りないというのに、やたらと料理に凝ってみたり、すごい勢いで観てないHDDを消化していったり…。

これらの行為には、ちゃんと名前があるのです。
本来の目的とは違うことを頑張ってしまう行為は「セルフ・ハンディキャッピング」と言います。
大学時代に心理学の講義で習いました。
目標達成に失敗した時のために、失敗する要因を自分で作っておくことで、心理的なダメージを回避しているのです。
などと、偉そうに書いてはいますが、実際にセルフ・ハンディキャッピングを行っているときは大半が無意識でやっているので、始末に負えんのですね。
無意識下では自分をコントロールすることは難しいです。

結論を言えば、コントロールはしなくていいんですけどね。
というのは教育者としての意見であって、必ずしも最良の意見ではないですが。
テストでいい点を取れば達成感が得られるけど、結果はすぐには出ません。
それならばアクセサリーを作ったり部屋を掃除したりする方が、手っ取り早く達成感が得られます。
達成感を得ることで力が湧きますから、そのあとで勉強をすればいいのです。
そもそもセルフ・ハンディキャッピングを行う際には、有り余るエネルギーを持て余しているのだから、そのエネルギーは本来の目的にも活かされていくはずです。

ややこしい用語なんか使っちゃいましたが、要は「気分転換」「現実逃避」くらいに考えたらいいかと。
もちろんずっと気分転換したままだとまずいですけどね。
試験前に長編小説が書きたくなったらダメですが、ブレスレット作るくらいだったら何も問題はないです。

私の場合はというと。
引っ越しの前にセルフ・ハンディキャッピングがやってくると、最後の数日は不眠不休になるしかないのが問題ですね(汗)。
そう、試験は自分との戦いだから、結果に納得さえすればいいけど、引越しはまさに時間との戦いです。
結果もクソもなく、決められた日までに荷造り終了が強制なのです。
三原を出る時はそれでも間に合わなかったです。
うちが部屋から荷物を出し終わる前に次の人が来て、強引に空いた場所に荷物を入れ始めたという…その人ももう、三原のその部屋には住んでいず、異動になったと聞きました。

移り変わりと住み変わり、こんなに早いサイクルでええのかと思いますね全く。
もっといろいろゆとりが欲しいものです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1587-e117a2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック