らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

今日からセンター試験開始ですね。
受験生の皆様の健闘を心から祈ります。

今年は、マイ生徒の中にはセンター受験者はなし。
…と思ったんですが、いました。
向島在住の、すでに志望校に受かって指導終了した女子が、センターを受けると言ってました、確か。
進路は決まっているけど、在学校のセンター受験率向上のために「受けさせられる」のですね。

冷やかし受験、記念受験など、いろいろな事情で進路とは関係ない受験も存在する昨今だから、そういう制度自体を否定はしないです。
でも、よりによってこの冬一番の寒波が来る日に、あまり意味のないそういう受験をわざわざするというのはどうなのか。
センターの受験日って、毎年何らかの寒波が来ますよね。
大雪だった時もありました。
受験生の皆様、本当にお疲れ様です。

意味のない受験であっても、結果としてはいいものを残してほしいです。
ということで、合格祈願もどきに行ってきました。
ちょうど「国語」の試験が始まる時間帯に。

行った場所はこちらです。
20170114
因島水軍城です。

城という名がついていますが、厳密には城じゃなく、城郭風博物館です。
昭和58年築城です…私よりも新しい城なので、歴史的価値などなく、レプリカでもないのです。
完全に町おこしのためのハコものです。
こんな場所で祈願もクソもないだろう、という思いもあるけど、一応「金蓮寺」境内にある城なので、水軍の仏様などはおられるんじゃないかと。

寒波が来ていて、寒いことは寒いし風も強いけど、因島は晴天です。
20170114
観光客の人にはお城に見える…よね、やっぱり。
うちの旦那も村上水軍さんの城だと思っていたようで、この位置には天主があったわけじゃないと言ったらショックを受けていました。
ご覧の通り、かなりの高台にあります。

日本遺産に認定された際の垂れ幕です。
20170114
この表現、いいんだろうか。
村上水軍じゃなく村上海賊…賊って言葉は印象悪くないですかね。

隅櫓に着きました。
20170114
何年ぶりでしょうか。
最初に行った際は石段がきついと思いましたが、今回そうでもなかったです。
中は当然、撮影禁止です。

本丸もどきは資料館になってますが、久々にお金払って中に入りました。
20170114
資料を見てのお勉強も久々です。

軍法会議の様子です。
20170114
完全装備で会議するんですね。

外にある船の展示は撮影できます。
20170114
小早レースもこんな船で毎年やっています。

おっと、また私、レジャってますかね(汗)。
水軍城の石段を降りたら、金蓮寺で受験生の健闘を祈ってきたのでどうかお許しを。
あっでも自分のことも祈ってきちゃいましたね。
まあいいか。
こういう場所に来るのは、単なる気分の問題だけど、心が引き締まるのです。
神社やお寺は、日本人である自分を自覚する場所でもあるから好きです。

坂を下りきると、雪がちらつき始めましたが、積雪には至りませんでした。
テレビで広島市でのセンター試験の様子が報道されましたが、大雪でしたね。
広島県の東部はたいしたことがなかったみたいで一安心です。
いや元々、広島県の東部は積雪はほとんどないんですが、たまーに積もるとすぐパニックになりますから。
雪に対する心構えがほとんどないんですね。

広島市在住の時は、スタッドレスタイヤが必需品でしたが、東部の人々の車はほとんどスタッドレスは履いていません。
そして水軍城の駐車場には、雪が積もった広島ナンバーの車もちらほらと。
広島県、そんなに広くないのに、気候帯は数種類あるみたいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1577-9e2954d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック