らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

全国ニュースで、丸選手と菊池選手の自主トレが報道されました。
新井選手や堂林選手の護摩行も報道されました。
赤松選手の胃がん手術後の様子も報道されました。
野村祐輔投手は最多勝を獲ったこともあり、各所のテレビで大人気です。

そんな中、地味に、いやそうでもなく頑張ってる田中広輔選手です。
20170112
今季は、タイトルを獲るって約束してくれましたよ!

ゴールデン・グラブ賞常連のキクマルの中に、気づけば割って入り込み、タナキクマルになっていた彼。
遊撃手として球団史上3人目の、全試合フルイニング出場を果たした彼。
CSでは打率8割越えをした彼。
日本シリーズでは、シリーズ史上初のコリジョンルールビデオ判定でホームインが認められた彼。
一昨年のシーズンでは、幻のホームランを放ったり、その後も微妙な当たりを放ったり、顔面に何度もボールを受けて何針も縫ったり…と、話題には事欠かない田中選手ですが、そういえばこれといったタイトル獲得がないですね。

今年は、盗塁王を狙うそうです。
打率3割とゴールデン・グラブ賞も狙うそうです。
遊撃手には巨人の坂本という不動の存在があり、狙うのは難しいけど、頑張ってほしいですね。
彼がタナキクマルに仲間入りできたのは、切り込み隊長として役割を果たしてるというのもあるけど、守備の上手さによるところも大きいですから。
彼がフルイニングで出るとなると、同じ遊撃手の梵さんの出番が代打くらいしかなくなるのがちょっと寂しいですが…。

ポジション争いはシビアなものです。
東出コーチなどは選手としてまだまだいけたと思うんですが、ポジションがセカンドだったがために菊池選手に奪われて出番がなくなり、早くに引退することになってしまいました。
そういうのは寂しいことではあるけど、世代交代は避けられませんから、いい形での交代は今後も続いていかないといけません。

いつか逆転満塁ホームラン
かっとばして最後にゃ笑うのさ
今に見てなさいよ
全宇宙 全人類
必ず私の時代が来るのだ

田中選手の登場曲「逆転満塁ホ→ムラン☆♪」の歌詞のように、彼の時代が来るといいですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1576-a7e9a768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック