らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

3日は書いたとおり、家で録画したカープ番組などを観て過ごしました。
誠也くんと菊池さんの出演がやたら多いな、今年もちゃんと活躍できればいいな…などと思いながら。

まだ録画番組たまってるし、4日も同じように過ごすつもりだったんですが。

カテキョ会社に福山まで呼ばれたのが運のツキでした。
そう、橋を渡って出て行ったら、仕事だけでは帰れません(笑)。
だって仕事はすぐに終わっちゃうのです。
すぐ帰ったらもったいなさすぎです。

ということで、映画です。
今年の初映画です。
20160104
「バイオハザード ザ・ファイナル」です。

大きいディスプレイでは、躍動するミラ・ジョヴォヴィッチの姿が。
20160104
日本が世界で最速公開ということで、やはりこの映画は特別扱いですね。

今回もネタバレしない程度に感想を書いてみましょう。
ミラ・ジョヴォヴィッチは40歳を越えたと聞いてましたが、相変わらず美しく、スタイルも抜群です。
そして激しいアクションを伴う動きもキレッキレです。
日本にはこんな女優さんいないですね。
美人でキレッキレで、暴力と殺戮がめちゃめちゃ似合う、そんな人は。

正直、脚本はベースがゲームなので、ゲームっぽくて単調ではありました。
でも面白かったですよ。
ミラの娘さんも共演していたけど、これがびっくりするほどの美少女で、将来が楽しみです。
そしてローラさんが出るとのことで期待していましたが、ちょっとだけでした。
ちょっとだけとはいえ、ハリウッドスター達に全然引けを取らない存在感はありました。
ハーフということもあって渡辺謙さんがハリウッドデビューした時のような「演技はうまいけどもろ日本人、顔がでかい、足が短い」みたいなことは全くなかったです。

年明けの一発目にホラーもどきはちょっと…などという人にはおすすめできませんが、そういうの気にしない人にはいいと思います。

難を言えば。
映画館のスタッフがとろすぎます!
冬休みでチケット売り場もドリンク売り場もダダ混みなのに、キビキビと動かないし、人数も少ないから大混乱でした。
おかげで冒頭を少し見逃しました。
混んでるのは仕方ないとして、最低限、映画開始に間に合うように対応してくれないと困ります。

職業柄、全然混まない平日の昼間に映画鑑賞が可能な身分って、とても幸せなんだと認識する瞬間でもありますけどね…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1569-4cb06c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック