らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

先週の月曜に「成人後の診察デビュー」をして、一皮むけたと勝手に思ってた私。
今日はさらに高いハードルを超えました。
ハードルというより山かもしれん。
ドッキドキの体験でした。

なんと、MRIデビューをしたのです。
20161219
※画像はイメージです(笑)。

ドラム缶くらいの狭い場所に1時間固定されて、ものすごい大音量とともに自分の断面写真が撮影されるという…エヴァかガンダムの搭乗員になったような気分ではあるけど全然違いますよ。

なんでこんなもんしなきゃならなかったのかというと。
先週の治療の際に、私が書いた問診票に問題ありまくりだったからです。
持病や既往症があるとかじゃないんですが、属性がヤバかったらしいです。

私は病院での治療は成人後は初めてでしたが、会社員だった頃に健康診断は受けていました。
しかしまだ20代だったので成人病の心配もなく、特定検査などもなく、検査項目はものすごく少なくて済んだ時期です。
相応の年齢になってからの受診歴が全くないフリーランス、というのは一番危険なんだそうで、そういう来院者に対しては一定の検診をする決まりになっている病院だからご了承ください、と言われてしまいました。
で、いきなりのMRIです…マジでいきなりすぎます。

待っている間、暇なのでこんな貼り紙も真面目に読んでみたり。
20161219
病院あるある、ですよね。
歯医者とかでも、つい見ちゃいますよね。

で、順番が来まして。
造影剤を打つけど、副作用があるから同意のサインを、みたいな紙を見せられます。
100万人にひとりの確率で副作用で死ぬ、と書いてあり、怖くてフリーズしてしまいました。
でも「バリウムで死ぬ確率よりも低い」と説明されたので、勇気を出してサインしました。
バリウムってどんな恐ろしいものなんだ。

倦怠感・頭痛・蕁麻疹などの副作用があることがある…とのことでしたが。
私の場合はそれらは特になかったです。
強いて言えば、ワンピースのルフィの技「ギアセカンド」みたいな(笑)。
ルフィが口の中のスイッチを押すと、体から蒸気が出て熱くなり、パワーアップする…なんかうまいたとえがこれしか思いつかないのが情けないですがそんな感じでした。
後で聞くとそれは副作用じゃなく、正常反応だったそうな。

MRIの最中は…正直、音がうるさい以外は寝てるだけなので、途中はマジで寝てました。
前日に検査が恐ろしくて寝られてなかったのもありますが(笑)。
ただ、やっぱり1時間も狭い場所で固定されると疲れますね。
閉所恐怖症の人は気分が悪くなったりするそうです。

ということで、ハードルの次にいきなり山越えをしてしまいました。
それにしても病院ってとこはアレですね。
待ち時間に疲れ、検査に疲れ、診療に疲れ…疲れてばっかりじゃないですか。
健康じゃないと行けないですよこんな場所(爆)。
本当に具合悪い人は、行けないですよ!

カープ契約更改は、この人で全員終了。
不穏な年越しをする人は今年はいないみたいでよかったですね。
20161219
この人も1億円超えて、カープ日本人でトップの年棒です。

菊池さんおめでとう。
華麗な守備はなかなか評価につながらないけど、間違いなく彼がいなければ、優勝はありませんでした。
そして彼は別に変なもん持ってないです(笑)。
ちょっと期待してたのに残念でしたね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1557-c39dad96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック