らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

ハワイ行きの便を変更して向かったというカープの鈴木誠也選手ですが。
無事、ハワイに到着して、みんなと合流したみたいですね。
プールで楽しそうに遊んでおられます。
20161203seiya
楽しそうに?かと思ったけど、菊池選手によってプールに落とされたそうな。

あれほどの強打者でもいじり倒す菊池さん、さすがですね。
優勝の胴上げの際は、ドサクサで磯村さんにキックしてますし。
20161203
この後、別の方にカンチョーもやってました。

オールスターの時は、ベイスターズの筒香選手にカンチョーしてましたね。
20161203
結果として、これ以降、筒香選手は覚醒しました。
菊池流のやる気スイッチ、なのでしょうか。

新井さんにもそういえばしてましたけど、おかげでMVP獲得でした。
丸さんは誠也くんにカンチョーしてたようです。
カープの野手、何やっとんじゃ。
いやこれが独走の秘密であるなら構わないんですけど。
文字通り、尻に火がついた…ということでしょうかね。

その、菊池さんや丸さんにいじられた、誠也くんです。
20161203seiya
流行語大賞の授賞式でのスーツ姿がりりしかったです。

大賞の「神ってる」とか、「聖地巡礼」「アモーレ」「復興城主」みたいな、明るい言葉がノミネートされるのはすごくいいことだと思うんですが…。
ゲス不倫とか日本死ねとか、候補に入れる必要、ありますかね。
それらの言葉は今年多く発せられましたし、世間を騒がせた言葉ではあるけど、誰かに何かを受賞させるような言葉かというと違うように思うのです。
マイナスイメージの言葉(そういえばマイナス金利って言葉もランクインしてました)は、単なる「流行」であって、「流行語大賞」からは除外していい気がします。

特に主催のユーキャンって会社は、通信教育や生涯学習の企業ですからねぇ。
そういう企業は率先して、日本語の持つ意味合いの美しさを強調してほしいものです。
世の中には美しくない言葉も確かにあり、誰でもその場に応じて使うことはあります。
そういう言葉の存在自体は否定せんけど、表彰なんかしなくていいんじゃないかと思うのです。
私が国語教育に従事しているから、特別そう思うのでしょうか。
一般的にはそんなに疑問視しなくていいことなんでしょうか。

キックとカンチョーについて書いていたら、思いのほかお堅い記事になってしまいました。
主旨がずれまくりですが、誠也くんはもっといじられて強くなってください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1545-fd4f0593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック