らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨日はブログを更新した後、岡山に向けて出かけました。
大学時代の友人に会ってきました。

この友人は半年ほど前に、離婚問題を相談してきた人です。
その後はどうなったかというと、たいして話が進展しないまま、相手が訴訟を取り下げてきたそうです。
まあ、想像するに、あれですね。
旦那さんが「別れてやる!」と意気込んで実家に帰って弁護士に相談したものの、お金はかかるし手続きは面倒だし、思い通りにならんしどんどん混乱してくるけど今更引っ込みがつかないし…ということで、取り急ぎ取り下げたのでしょう。
ちなみに、まだ別居中です。

ただ、前に会った時ほど彼女は落ち込んでいず、友達をたくさん作って、最近はアウトドアにはまっているそうです。
友達たくさん、それはとてもいいことなんですけど。
寂しがり屋の彼女、やっぱりひとりでは立ち直れないのか…。
万が一友達を作りづらい環境だったら、どうなっていたかと思うと心が痛みます。

彼女と、彼女の次女さんです。
20161020
次女さんは高2で、何度か面識はありますが、私が行くと言ったらダイエットを中断してバイキングに来てくれました。
すごくいい子です。

小学生の頃にそのあまりの天然ボケぶりに私が「のだめちゃん」とあだ名をつけたのですが、その後ピアノコンクールで何度も入賞して音楽高校に入学して、将来は幼稚園の先生になりたいという、のだめそのものの人生を歩みつつあります。
将来が楽しみですが、音楽高校はお金がかかるため、婚姻費用とは別に学費をもっと旦那さんに入れてもらわないと困る、と彼女は嘆いています。
のだめちゃんが音楽の厳しさにくじけそうになった時、音楽高校に行けと強くすすめたのは旦那さんなので、そこは旦那さんが払うべきではありますね。

ともあれ、かわいい娘さんのためにも、彼女には頑張ってもらいたいです。
かなり元気になってきたとはいえ、まだ無理をしている様子でした。
彼女を応援したい気持ちと同時に、恋愛体質の寂しがり屋じゃなくてよかった、と思う薄情な自分もいます(汗)。
楽観主義で、恋愛は重きを占めず、ツレはいるけどひとりも大好き、そんな私と彼女はやっぱり対局の存在ですね。

さて、今日はダンボさんが帰省してきました。
お姉さんのドイツからの里帰りに合わせての帰省です。
仕事の帰りに、少しだけ会いに行きました。

お姉さんは今回、息子さんと一緒に、因島帰省前に東京見物をしてきたそうです。
東京土産をいただきました!
20161020
老舗のお菓子にオリンピックのタオルなど…おのぼりさん気分ですよ~。

ドイツ土産もいただきました!
20161020
私の大好きなドイツのチョコレートがいっぱいですよ~。
めっちゃ嬉しいです。
ありがとうございます。

ダンボさんからも豆腐やひろうすや豚まんなど、いっぱいお土産いただいたけど…。
ごめん、仕事後の空腹に任せてさっさと食っちゃいました(汗)。
写真撮ってません、すまん。
でもすごくおいしかったです。
ありがとうございます。

明後日はみんなでお出かけです。
とても楽しみです!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1507-eb2e9997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック