らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

昨夜も旦那がリスニングを頑張っていたので更新せず。
で、だったら昼間に更新したらいいのでは…と思い、特に意味はないけどこんな時刻にPCに向かっています。
別に毎日更新するのが義務ってこともないんだけど、間を空けるのが趣味じゃないというか。
そのへん、間が空くと続かないと言ってる旦那とは少し違うんですけどね。

昨日は世羅までダリアを見に行ったので、帰宅してブログに写真を載せようと思ってたんですが。
こんな緊急なことがあったのでそれどころではなくなり。
写真整理ができずじまいです。
20161019
黒田投手…引退なんですね。
惜別と感謝の念でいっぱいです。

正直、今辞めたらかっこよすぎて許せんです。
一時代を築いた投手として、衰退していく姿を後輩達に見せてから辞めるべきだろうと。
というのはタテマエで、ベンチにいるだけで影響を持つ者として、成績以上の効果を今後のカープに与えていくべきだろうと。
何よりも個人的に、還暦まで野球やってほしいと思う気持ちがありました。

でも、それはいかにも日本人的な考え方なんですよね。
メジャーリーグでは、功労者や年配者が優遇されることはありません。
その時点で成績が悪ければ、かつて球団に貢献した実績があっても、人気があっても、即座に戦力外になるのです。
黒田投手はメジャーでの経験から、メジャー流を通されたのですよね。
ボロボロになって使えなくなってまで、現役でいる必要はない、と。

ああ、やっぱり、かっこよすぎです。
かっこつけてる人はたくさんいますけど、この人はかっこつけなくてもかっこよすぎです。
日米通算200勝を達成して、二桁勝利して、優勝しての引退。
しかも最後の舞台が、プロ野球としては最高峰の「日本シリーズ」なんて。
これで日本一になれなかったりしたら、相手が空気を読まなさすぎです(笑)。
…いやまあ、正々堂々と戦ってほしいですけどね。

このタイミングでの発表を示唆したのは新井さんだったらしいです。
引退することをファンがわかっていて日本シリーズを観ると、応援の気合の入れ方が違うから、と。
またファンの心に残る度合いも違うから、と。
そのへんは男気とはちょっと違う、ファン目線でのアドバイスっぽいですが、そんな意見も受け入れる黒田投手はやはりかっこいいです。

かっこいいから、どうしても残念でもったいない気持ちが今は大きいのもファン心理。
でも、一片の悔いもなく引退できるのは、プロ野球選手としては至福なことです。
私の推しメンはきっと悔いだらけで引退したから(汗)。
だから精いっぱいの感謝を込めて、ありがとうと言いたいです。
こんな男気あふれる人が、カープとファンを心から愛してくれたことに感謝します。
正直、私、推しメンの引退時よりも昨日の方が動揺しました。
そのくらい黒田投手は、影響力の強い人でした。

余談ですが。
旦那も影響受けまくっています。
リスニングを頑張りつつ、仕事がつまらんから引退してもいいかと言ってきました。
…それは却下だ(爆)。
旦那と黒田とでは、男気が違います。
もし今の職場から「来季15億出すから」と言われて、それを断る男気があるならどうぞ、と言っておきました。
ないそうなので、やっぱり却下でした。

ダリアの写真は、近々載せますね。
終わりかけでしたけどきれいでした!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1506-d7de54c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック