らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

CSファイナルステージはカープの勝利で無事終了。
あとは日本シリーズを残すのみとなり、試合がない今は心穏やかに過ごしています。
心穏やかに、映画を観に行きました。

今回はこれです。
20161016
「グッドモーニングショー」です。

大きいポスターもありました。
20161016
写真じゃ大きいかどうかわかりませんね。

私は、テレビが大好きです。
一昔前と比べるとテレビは面白くなくなったと言われるし、私もそう思うことがありますが、それでもテレビは生活にかなり密着したツールのひとつです。
朝の忙しい時間帯、特に番組内容を深く考察はしないけれど、なんとなく時計代わりにテレビをつけてBGMにしている…そんな人は多いと思いますし、私もそうです。
大学生の頃などは何か気取っていたのか、起床すると最初にCDをかけて音楽を聴いたりしたものですが、今は朝、最初にすることのひとつが「テレビのリモコン操作」になっています。

そんな私のような人であれば、きっと楽しめる映画です。
ライフスタイルが多様化した現在、テレビは一切見ずにニュースも動画もネット、という人もいるでしょうが、未だにテレビが生活の多くを占める人だったら、面白く鑑賞できると思います。
生放送のワイドショーの裏側はこんなにドタバタしてるのに、それを微塵も感じさせずに、早朝からビシッとメイクしてニュースを読んでいるアナウンサーってすごいなと。
まあ、この映画の内容の全部が真実じゃないでしょうが、君塚良一監督の得意分野でもあるし、ほぼ真実なんでしょうね。

なにより、出演俳優がものすごく豪華で、それだけで一見の価値ありです。
中井貴一さんの存在感はやっぱり素晴らしいです。
特に、時任三郎さんとのやり取りは、昔懐かしい「ふぞろいの林檎たち」を思い出し、とても懐かしくなりました。
濱田岳さんの演技力も迫真でした。
長澤まさみさんの、ちょっとウザいキャラクターもなんかよかったです。
志田未来さんは子役の頃からかわいかったけど、どんどん美しい女優さんになっていますね。
あと、最近いろいろ出すぎだろうと思われる吉田羊さん、出すぎには理由があるんですね。

やはり、テレビは面白いです。
私って実は子供の頃、一時期ですが、アナウンサーになりたかったことがありまして。
と言ってもニュース読んだりアイドルみたいな活動したりしたかったんじゃなく、カープの実況やヒーローインタビューをしたかった…という、どう考えても女子寄りの動機じゃなかったんですね。
でも、この映画を観て、女子寄りの仕事も面白そうだなと。
今更目指したりはしないけど、面白そうだなと。

余談になりますが。
まだ、野球の実況をする女子アナは、日本では公式に出現していません。
競馬や競艇の実況をする女子アナはいますが、多くのスポーツ中継分野で女子アナの進出は見られません。
私、あの時、目指していたらどうなったでしょうか。
などとありもしないことを考えたりもします。
そして今後はそういう女子アナが出てくることを楽しみに待ちたいです。

あ、スポーツは全然映画とは関係ないので念のため。
報道とワイドショーの間には壁があるんですね。
という作品です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1504-ce4c4980
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック