らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

とても悲しいことがありました。
声優の田中一成氏が亡くなってしまいました。
20161011

一成氏とは、同じ大学でした。
学年や学科は違うけど、放送系のサークルで知り合い、一緒に活動したり遊んだりした仲間でした。
当時から彼は役者を目指して劇団に所属していましたが、在学中に声優事務所に入り、卒業後は上京して声優デビューしました。

そんなに大きな役はなかったものの、有名な作品で数多くのサブキャラクターを演じて、地道に活動していました。
また、私がアニメオタクなのを知っていて、新作に出演するたびにいろいろと情報をくれていました。
その情報の多くは「○○さんと共演した!」という、オタクが羨ましがりそうな自慢ではありましたが(笑)、そんな内容の話でも嬉しかったものでした。
私が教育業をしていることもあり、新作アニメは生徒に宣伝してほしいと頼まれたりもしました。

最近の当たり役はアニメ「ハイキュー!!」の烏養繋心や、「金スマ」のひとり農業のナレーションでしょうか。
また、キリン氷結のCMで、綾小路さんやさかなクンが出たやつのナレーションもしていました。
ダイドーの自販機の喋る機械で、関西弁で「まいど~」と言ってるのも一成氏です。

そんな彼の、突然の訃報でした。
闘病生活をしていたわけでもなく、急に風呂場で脳幹出血を起こして逝ってしまったそうです。
数日前には始まったばかりのハイキュー第3期の告知をFacebookやツイッターでしていたので、本当に何の前触れもなかったんだと思います。
あまりのことに信じられずにいたら、当時の仲間達からたくさんのメールやLINEや電話が来て、ああ本当に亡くなったんだと実感しました。

一成さん、一緒にみんなで遊んでいた頃が懐かしくも切ないです。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
そして、私も健康にはくれぐれも気をつけねばと思いました。
同世代が突然死する、そんな年齢になってしまった現実を受け止めないと。
いやまあ、同世代の突然死は今に始まったことではないですけどね。
自分と仲が良かった人がそんなことになると、さすがにショックを隠し切れませんので。

ひとつだけ、こんな悲しい事態の中、安心したことがあります。
先に書いたとおり彼は、大きな役は少なかったのです。
だからアニメ好きの生徒に聞いても、知名度がイマイチでした。
でも今回の訃報は、ヤフーニュースのトップに出ていました。
地道ながら、声優としての力は世間に認められていた、ということですよね。

そんな仲間を誇りに思います。
人生を閉じるには早すぎる年齢ですが、精いっぱい駆け抜けたのですよね。
今までお疲れさまでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1501-2eba7409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック