らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

12月27日に「杉原千畝」を観に行って、その際に今年最後の映画なんて書いたんですが。
2015年終了間際にまた観に行ってきました。
20151231
「海難1890」です。
日本とトルコの親善関係がテーマになってる映画です。

杉原千畝もそうでしたが、ドキュメンタリーに近い作品で、実話がもとになっています。
しかもどちらも国際関係が題材です。

この種の作品は実話なので、過大な演出などはありませんし、派手な盛り上がりもないです。
でも、日本人だったらぜひ観ておくべき作品だと思います。
日本史や政治に関心が強くて詳しい人だったら、特に観なくてもいいかと思いますが、私のようにそうでもない人は観た方がいいですね。
なぜなら、疎い人にとっても、すごくわかりやすいから。
しかも感動してしまうから。

明治時代の日本人が、トルコの海難船を献身的に救助したこと。
約1世紀後に、トルコ政府が日本人を救ってくれたこと。
その事実を知ってはいましたが、詳しい内容までは知りませんでした。
映画を観て、知って、日本人なら知るべき事実だと思いました。
台湾と同じように、トルコには親日家が多いとよく聞きますが、これはもう親日というより人間愛と真心に満ち溢れている、ということなのだと思いました。

映画の内容に、期待していなかったということはないです。
それなりに楽しみにして観に行きましたし、裏切らない内容でした。
しかし泣ける映画だとは思ってなかったのが不意打ちでした。
何箇所か、ウルウルしてしまいました。
ノンフィクションの泣きどころはフィクションと違って作りこんだあざといものではないから、マジ泣きです。

2015年の最後を、いい作品で締めくくれてよかったです。
帰宅すると、紅白歌合戦がこれから後半、というあたりでした。
今年も先輩んとこの息子がコーラスで出演してて、五木ひろしさんのバックで歌ってました。
去年は中島みゆきさんのバックでマッサン主題歌を歌ってて、かなり目立ってましたが、今年はどこにいたのかわからんほど小さく映ってました…そんな時もあるさ。

年が明けたら、父ちゃん連れて初詣です。
昨日、年内最後の親孝行をしたばかりですが、明日は年明け最初の親孝行です。
私、いい奴ですね。
自分で言うしかないので、自分で言います(爆)。

皆様もどうか、良いお正月を!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1271-3949cef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック