らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

タイル交換、無事に終わりました。
しかし、くたびれましたね~。
丸1日、家にこもってほとんど何もしてないのに、こんなに疲れるとは。
家族や友人などじゃない他人が、ずっと家にいるのはしんどいことです。
工事作業中でお構いなどはしなくていいのに、それでも疲れました。
作業員が3人も来て、出入りしたりガリガリやったりして丸1日…もうそういうの面倒くさいわ。

元々あった、古くなったタイルをめくったところです。
20151119
右が浴室、左の扉がトイレです。
この構造の都合上、作業中はトイレ使用が不可だったのです。
お昼休みは作業がなかったので行けましたが、足場がないので靴が必要でした。
作業は日没まで続いたので、夕方にもトイレに行きたくなり、近くのスーパーで用足しするという…いちいち疲れますのう。

貼り替えが終わって、冷蔵庫も洗面台も定位置に戻りました。
20151119
ビフォー&アフター…って感じでしょうか。
築40年くらいのボロ社宅、少しは明るくなりました。

と言っても、前の状態がそこまで老朽化してたわけでもないんです。
古いことは古いけど、使うのに不便は特になかったですから。
だから急に改装する、在宅しておけ、モノをどけろ、トイレ行けない…なんて言われたら正直、リニューアルを喜ぶよりもウザさの感情がまさっておりまして。
普通は改装とかリフォームとか、家主の意思でやりたい時にやるものですよね。
引っ越しもそうですが。
社宅に住んでるとそういう融通が全くないから困ってしまうのです。

社宅生活を続ける以上、定期的にこういうマイナーイベントは欠かせないのはわかっています。
せめて「自分が居住している数年の間に、そういうイベントに当たらない」ということを、願うしかありません。
三原の社宅は5年半も住んだので、それなりにいろいろありました。
居住を始めて間もなく、火災報知機設置が義務付けられて設置に来たり、3年目くらいで風呂のガス給湯器が寿命を迎えて交換に来てもらったり…。
だけど今の社宅、まだ住みだして1年経ってないですから、今回のイベントはハズレを引いた感じです。

というわけで、非常に疲れました。
したがってまだ洗剤やタオルなどの備品を定位置に戻していません。
明日以降、ゆっくりやりたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1235-6eb8c811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック