らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

私が住んでる因島は田舎ですが、食品スーパーはいくつかあります。
そのうちのひとつが、突然、今月末に閉店することになってしまいました。
普段、私が行く頻度はそんなにない店ではあるけど、過疎化と不景気のあおりを受けてしまったことがとても残念です。

閉店するくらいなので、その店をメインスーパーにしてる人は、島では少数派なのだと思われます。
ただ、その店の画期的なところとして「島で唯一、エスカレーターのある建物」ってことがあげられます。
ということは、今後因島で育つ子供達の多くは「人生初のエスカレーターは因島じゃなく本州で」ということになっちゃうのでしょうね。

私は因島出身で、子供の頃からこの島は田舎ですが、当時は今の倍くらいの人口はありました。
で、エスカレーターのある建物は別に存在していたので、島の中でエスカレーターに乗ることはできたんです。
私のエスカレーター初体験は大阪だったと記憶していますが、大阪に親戚がいるという事情が関係しているので、もしいなければ当然因島で最初に乗っていたと思われます。
都会育ちの人には別に珍しくもなんともないエスカレーターは、島では相当珍しかったので、そんな些細なことも覚えているのです。
そして現在もひとつしかないわけで、珍しいわけで、それがなくなってしまうことは残念ですね。

個人的に困ってしまうのは。
こういうものが島で買えなくなってしまいます。
20151109

こういうものも買えなくなってしまいます。
20151109

洋酒ケーキとレモン羊羹…これらが売られている店は、島ではこの店だけ。
どちらも因島のお菓子ではないので、橋を渡って尾道に行けば買えます。
しかし、嗜好品のためだけに橋代を払うほど、私はリッチではありません。
何か用事のついでがないと、もう買えなくなってしまうわけですね。
過疎化は、人から多くの楽しみや思い出を奪っていきます。
思えば私の母校も大学以外は残っていず、過疎化によるものです…悲しいです。

せめて店が閉まるまでに、洋酒ケーキとレモン羊羹は買いに行っておこう。
そう思って今日行ったら…売ってないじゃないか。
品切れなのか入荷待ちなのか、はたまたもう入荷をしないのか。
幸い、今のところは冷蔵庫にまだ在庫が入っていますが、次に尾道に行く際には買ってこないといけませんね。

店の閉店なんて、よくあることといえば、よくあることです。
閉まってからひと月もしたら、存在しないことに慣れてしまいます。
半年もしたら、そこに何があったかさえ思い出さなくなります。
私が悲しいのは、やっぱり故郷の過疎化です…どんどん進んでいます。
好きなお菓子が自由に買えなくなる悲しさも当然ありますが、過疎化はイヤですね。
スポンサーサイト
コメント

それって近所のお店がモールに引っ越しちゃったところ?
2015/11/10(火) 07:22:12 | URL | ダンボ #- [ 編集 ]

確かに島にはエスカエーター、ここだけだわ。
また、新しく何かできるといいんだけど、、、
2015/11/10(火) 07:23:49 | URL | ひら #- [ 編集 ]
>ダンボさん
詳しくは下記をご覧ください。
http://0845.boo.jp/times/archives/8783
ってあんまり詳しくないですかね(笑)。
まあ、事実だけなんですが。
2015/11/10(火) 23:35:45 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
>ひらさん
希望としては、現在島に1軒もない「CDをレンタルできる店」ができてほしいかな~と。
エスカレーターもできれば残しておいてほしいですね。
2015/11/10(火) 23:37:44 | URL | きょうこ #RqWBMyRA [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1225-ab65af62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック