らっきーさーふぁー第3章

日々の暮らし、仕事、趣味など、好き勝手に綴るブログです。第3章は2013年10月1日開始!

久方ぶりに、橋をひとつ渡って生口島へ。
生口島には私の実家がありますが、今日の用事は実家ではないです(またかよ)。

生口島の実家では、父ちゃんがひとりで住んでいます。
父ちゃんは5人兄弟の4番目で、父ちゃん以外のおじおばも全員、生口島に住んでいます。
5人兄弟は、早くに両親を亡くしたせいもあり、全員が70歳を超えた今もとても仲良しです。
それで年に数回、父ちゃんの実家でみんなでランチ食事会を開いて交流しています。

その食事会に、なぜか私も招かれることになりました。
たまたま隣の島に住んでいるんだから、時間があるならぜひおいで!と、父ちゃんの本家のおばが誘ってくれたのです。
父ちゃん、私が運転手をやると、昼から酒が飲めると大喜び。
で、運転手も兼ねて、その集まりに行ってきました。

行って、ご無沙汰していたおじおば達に会って、本家に住んでいる従兄弟などにも会って、楽しい会食だったんですが…。
一抹の寂しさを覚えるとともに、父ちゃんが少しかわいそうになりました。
父ちゃんは兄弟衆からハブられたり、嫌われたりはせず、大事にしてもらっているので、その点は心配はないんです。
ただ、90歳以上の人もいるのに、配偶者を亡くしているのは父ちゃんだけ。
父ちゃんがひとり身になってもう14年ですが、その間、どのおじおばも配偶者連れで参加している中、父ちゃんはひとりで本家に来てひとりで帰宅する…ということを繰り返してきたということです。
いくらお気楽な性格の父ちゃんでも、最初のうちは厳しかったことでしょう。

父ちゃんの兄弟、5人全員がB型なので、全員がかなりマイワールドです。
それで気楽でいられるというのはあると思いますが、やはり寂しいでしょうね。
本家のおばは、ジジババばかりでつまらないだろうけどまた来てね!と言ってくれたので、これからは時間が許す場合はなるべく私も参加しようと思います。
父ちゃんの寂しさが紛れ、運転手もできるのだから、親孝行になりますよね。

会食が終わってみんなでおやつを食べていると、お祭りの神輿がやってきました。
今日はあちこちでお祭りみたいです。
20151017
この組内の神輿は、船の形をした小さいものです。
タイヤがついてるので担がなくても動きます。

小さい神輿の中には、子供達が乗っています。
20151017
過疎化が進む地区なので、組内の子供全員でこれだけだそうな。
過疎化は悲しいけど、こぢんまりしたのは私は好きですね。

夕方まで楽しく会話しながら過ごして、父ちゃんと、父ちゃんの長姉であるおばを送って帰りました。
実家に着いた時に、仏壇を拝んで、少しくらい休憩してから帰宅しようと思ったんですが…。
なんと18時になる直前に、もう遅いけん帰れ、とぬかしやがる父ちゃん。
遅いか?18時が?
いえわかってます。
チームGが戦うCS観戦に集中したかったのですね…このクソオヤジ!!
親孝行しなきゃと、ちょっと優しいことを考えた私がアホでした。
…というほどは思ってないけど、そんな余裕があるなら心配ないね父ちゃん。
チームG、負けちゃって残念でしたね。

追い出される感じで(笑)実家を出て、目の前に広がる夕焼け。
20151017
この世で一番美しいのは、さようならの言葉だ。
夕焼けが美しいのは、山にさようならを言っているからなんだ。
と、ハイジのおじいさんが言ってたけど、本当に美しいです。
父ちゃんに追い出されるのも孝行のうちと思い、許してあげましょう。

こんなにいっぱい、おじおば達から、おみやげもらったし。
20151017
柿とスダチとみかん、他におにぎりやら茹でたタコやら枝豆やら。
父ちゃんからも大量のお菓子をもらいました。
パチンコの余り玉だとわかってるけど嬉しいですよ(爆)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kyokohiroshima.blog.fc2.com/tb.php/1204-41c0c4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック